連結子会社株式会社トラスト&グロース、株式会社宅建 ブレインズとの業務提携による事業用家賃保証サービス 開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年3月31日 15時33分

株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功)は、会社法第370条及び当社定款第25条の規定に基づき、書面による取締役会決議により、当社の連結子会社である株式会社トラスト&グロース(本社:東京都中央区、代表取締役社長:武田 浩和、以下「トラスト&グロース」という)と、株式会社宅建ブレインズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:棚部 重夫、以下「宅建ブレインズ」という)との間で業務提携を行うことを決議いたしましたので、お知らせいたします。この業務提携により、トラスト&グロースでは「宅建ハトさん保証」の新商品である事業用家賃保証サービスの保証業務を2014年4月中旬より開始いたします。








■サービスの概要

宅建ブレインズは、1985年に東京都不動産協同組合の機関代理店として設立された東京都不動産協同組合100%出資子会社です。設立以来、不動産取引業界における独自の立場を活かした「高品質な保険商品・サービス」を提供しております。2013年12月からは個人の居住用家賃保証サービス「宅建ハトさん保証」の運営を開始していますが、今回新たに事業用の家賃保証サービスの取り扱いを開始することになりました。

トラスト&グロースでは、「宅建ハトさん保証」を利用する事務所や店舗等、事業用の賃貸借物件において発生する滞納家賃等を保証いたします。


■業務提携の背景

個人の居住用家賃保証サービスは、近年、連帯保証人の形骸化などの諸問題に対応するサービスとして、多くの企業がサービスを提供しております。一方で、事業用家賃保証サービスは、個人の居住用家賃保証と違い、1.事業主の与信判断が難しい、2.保証金、敷金の受領だけでは不安、3.滞納時や物件の明渡し交渉等の対応が難しいことから、参入障壁が高いといわれてきました。

一方、トラスト&グロースは、これまで企業の販売先に対する売掛債権を保証し、万が一支払不能になった場合にあらかじめ設定した保証金額を支払うサービス「T&G売掛保証」を提供しており、順調に事業拡大を図りながら、中堅・中小企業の与信ノウハウを蓄積してまいりました。今回、東京都内、約13000社の宅地建物取引業者が加盟する、東京都不動産協同組合の組合員が窓口の「宅建ハトさん保証」を運営する宅建ブレインズと業務提携することで、売掛債権保証とは異なる企業与信に関する情報を蓄積していき、さらなるコア・コンピタンスの強化を図っていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング