益城町大型仮設住宅団地「テクノ団地」内へ仮設店舗を出店

PR TIMES / 2016年7月6日 9時29分

仮設店舗開店までの期間は、移動販売車による出張販売を実施



「平成28年熊本地震」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地域の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

イオン九州株式会社(以下、当社)は、熊本県内最大の仮設住宅団地となる益城町の「テクノ仮設団地」(516戸)内に食料品を中心に販売する仮設店舗を8月に出店することになりましたのでお知らせいたします。

このたびの熊本地震で甚大な被害を受けた益城町では、今なお多くの方が避難生活を送っています。このような状況から、当社は地域の皆さまのご要望や熊本県の要請にお応えするため、当店舗を開店させていただくことになりました。営業開始は8月中旬の予定ですが、仮設住宅入居開始の時期に合わせ7月中旬より開店日までは、マックスバリュ新戸島店より移動販売車を稼動させることで少しでもご不便の解消につとめます。
[画像: http://prtimes.jp/i/7505/712/resize/d7505-712-442219-1.jpg ]

また、仮設住宅入居者の皆さまの声を品揃えに反映するとともに、運営についても地元の方々を従業員として採用させていただきます。当社は今後も身近に店舗がなく日々の暮らしに不便を感じておられる皆さまのお役に立てる店作りを目指してまいります。

イオンは、地域の生活インフラである小売業の使命を果たすため、グループ一丸となって被災地の復旧・復興に全力をあげて取組んでまいります。

【仮設店舗の概要】
・名称:イオン益城テクノ仮設団地店
・所在地:熊本県上益城郡益城町小谷2083-7(テクノパーク内民有地)
・店舗面積:194.4m2 (59坪)
・開店日:8月中旬(予定)
・取扱商:食料品・日用品
 ※仮設店舗内にネットスーパー承りカウンターを設置し、近隣のイオン店舗からも商品手配いたします
・営業時間:10時から19時 ※季節により変更あり

【移動販売車の概要】
・最大積載量:1300Kg
・主要設備:多段冷蔵ケース4台 非冷陳列棚4本
・稼動開始日:7月中旬(予定)
・取扱商品:食料品・日用品

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング