デジタルハリウッド大学公開講座 「大人のオープンキャンパス」映画プロデューサーやビッグデータの識者らが登壇

PR TIMES / 2014年8月27日 14時28分

デジタルハリウッド大学では、本学教員陣による公開講座「大人のオープンキャンパス」を9月6日に開催します。本講座は本学学生保護者や大学周辺地域の皆様に、本学の授業や教員に触れていただくことで、より本学を理解していただくことを目的として開催します。
1時間目は杉山学長が、デジタルコミュニケーションに関する概念を得られることを目的とした科目「デジタルコミュニケーション論」を実施。
2時間目は映画『鍵泥棒のメソッド』や『凶悪』のプロデューサーを務め、本学において多くの映像関連科目を担当する赤城教授による、映像から演出を分析し映像表現理論と技術を学ぶ「映像学」です。
3時間目はビッグデータの活用方法をめぐって連携する「データエクスチェンジ・コンソーシアム」の理事長就任でも注目を集める橋本大也教授による、問題解決力を養う講座「リサーチ&プランニング」。
そして4時間目はBCI(ビジネス・クリエイティブ・ICT)によるビジネス・プロデュース教育を展開する吉田就彦教授が、自身の体験を交え「プロデューサー10箇条」と題した教育哲学やビジネスの場で活躍できる人材像について語る講義です。




 ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学は、来る2014年9月6日(土)に本学教員陣による公開講座「大人のオープンキャンパス」を開催いたします。本講座は本学学生保護者や大学周辺地域の皆様に、本学の授業や教員に触れていただくことで、より本学を理解していただくことを目的として開催いたします。

 当日は本学から4名の教授が登壇し、それぞれ45分間の授業を行います。

 1時間目は杉山学長が、デジタルハリウッド大学の全学生が基礎として共通して持つべきデジタルコミュニケーションに関する概念を得られることを目的とした科目「デジタルコミュニケーション論」を実施します。

 続いて2時間目は映画『鍵泥棒のメソッド』や『凶悪』のプロデューサーを務め、本学においても講義から演習まで多くの映像関連科目を担当する赤城教授による、映像から演出を分析し映像表現理論と技術を学ぶ「映像学」です。

 3時間目は約300もの企業や団体がビッグデータの活用方法をめぐって連携する「データエクスチェンジ・コンソーシアム」の理事長就任でも注目を集める橋本大也教授による、問題解決力を養う講座「リサーチ&プランニング」です。

 また最後となる4時間目は毎年一定数の本学学部生が進学し、BCI(ビジネス・クリエイティブ・ICT)によるビジネス・プロデュース教育を展開するデジタルハリウッド大学大学院の吉田就彦教授が、自身の体験を交え「プロデューサー10箇条」と題した本大学院の教育哲学やビジネスの場で活躍できる人材像について語る講義を実施します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング