【東大生、東北大生が最も読んでいる本!】藻谷浩介・NHK広島取材班著『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』が総合売り上げランキング第1位

PR TIMES / 2014年8月4日 15時3分



 全国大学生活協同組合連合会は、6月の本の総合売り上げランキング「Book Best10」を発表、藻谷浩介・NHK広島取材班著『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』(角川oneテーマ21)が、東京大学(本郷書籍部)と東北大学(文系書籍店)で第1位を獲得しました。
 Book Best10は、「北海道大学生協」「東北大学生協」「東京大学生協」「早稲田大学生協」「慶應義塾生協」「名古屋大学生協」「京都大学生協」「同志社生協」「大阪大学生協」「九州大学生協」の10生協の書籍部で、今売れている本(全ジャンル)のベストテンを月に1回発表しているものです。
 『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』は、上記2大学以外でも、京都大学(ルネ店)で第3位、北海道大学(クラーク店)で第9位にランクイン。更に、新書ジャンルに限定すると、酪農学園大学、東北学院大学(泉店)、山形大学(小白川店/鶴岡店)、東京農業大学、東京農工大学(農学部店)、海洋大(越中島SB店)、山梨県立大(飯田店)、愛知大学(トリニテ店)、奈良女子大、三重大学(翠陵店)、京都府立大学、滋賀大学(彦根店)、広島大学(千田店)、愛媛大学(城北店)、高知大学(朝倉店)、熊本大学の計16大学17店(同率1位含む。東京大学、東北大学除く)でも、同著が6月の売り上げ第1位を獲得しています。
 
 「里山資本主義」は、マネーに依存しなくても、原価ゼロ円から経済を再生し、コミュニティーを復活させることができる、21世紀のこれからを生きていくための新しいシステム。その革命が既に日本の里山から始まっていることを取材したNHK広島放送局は、藻谷浩介氏とタッグを組んで「里山資本主義」という言葉を作り、1年半にわたって取材し番組を制作しました。本番組は、優れたテレビ、ラジオ番組等に贈られる「第51回ギャラクシー賞年間賞」を受賞しています。

 そして、その内容を収録した書籍『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』(角川oneテーマ21)は、現在30万部を超える大ベストセラーとなり、その年の最高の新書を選ぶ「新書大賞2014」大賞を受賞しています。


 『里山資本主義  日本経済は「安心の原理」で動く』
・発売日:2013年7月10日 ・本体価格:781円(税別) ・頁数:312ページ ・体裁:新書
・公式サイト http://www.kadokawa.co.jp/sp/201307-04/

 
 これからの日本を背負う大学生も大注目!日本の未来の新常識=里山資本主義。目から鱗の事実の数々を、この一冊でぜひお確かめ下さい。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング