小便の飛び跳ね汚れを泡で抑制する「新型アラウーノ」発売~全自動お掃除トイレがさらに美しく進化、着座小便率が50%突破 好みのスタイルで用を足せるトイレ

PR TIMES / 2014年3月24日 18時21分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、新築、リフォームいずれにも対応する、パナソニックならではの技術により、小便の飛散による汚れを徹底的に抑えたタンクレストイレ「新型アラウーノ」を2014年6月2日より発売します。

▼全自動おそうじトイレ「新型アラウーノ」
http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/shingata_alauno/

パナソニック従来製品は主に便器内を中心に、お掃除ラクラク機能を搭載していますが、パナソニック調査により、便器内以外の汚れを気にされている方が多いことが分かりました。また、その汚れの主な原因は、小便の「ハネ・タレ・モレ」であることが分かりました。特にこの小便の汚れは放置すると不快な臭いの原因にもつながります。最近ではきれいに掃除する道具を活用し、トイレをきれいに保ちたいと思う人が増えていますが、忙しい現代人にとって、掃除に時間を割くことが難しいことも事実です。
そこで本製品は、トイレを掃除する人の悩みに応え、少しでもお手入れを楽にし、快適なトイレ空間とするために、お掃除機能として流すたびに「2種類の泡」と「水流」を活用した自動洗浄機能に加え、新しく小便の飛び跳ね汚れを泡で抑えるようにしました。また、便座にはパナソニック独自の工法を採用し、隙間がない「スキマレス形状」を開発。便座の隙間の汚れを解消し、掃除の負担を低減させました。また、省エネ性能については、節水(大4.8L、小3.6L)で年間約14,000円、節電(消費電力68kwh)で約6,000円と約20年前のトイレと比較し、合計で約20,000円(※1)の節約が見込めます。

さらに、軽量・低水圧・排水位置変更が求められるリフォームにおいても、座りながら用を足しても、立ちながら用を足しても、トイレ掃除を楽にしてくれる、進化したアラウーノが新しいトイレ空間を実現します。

【品名】タンクレストイレ 新型アラウーノ
【希望小売価格(税抜き・工事費別)】
便器単体(タイプ2、標準タイプ、床排水セット込み):300,000円
新型アラウーノ カウンタープラン(新型アラウーノタイプ1、トイレ手洗い・収納、アクセサリー込み):813,000円
【発売日】2014年6月2日
【販売目標】36,000台/年(2015年度)

■特長
1.新機能「トリプル汚れガード」により、汚れの飛散を抑制(※2)
2.約20年前のパナソニック製品トイレと比較して、節水、節電で年間約20,000円(※1)節約(タイプ1、2のみ)(※3)
3.低水圧対応や配管部材の充実でリフォームにも最適
4.お客様の声をもとに開発した7つのポイント
・洗剤の投入位置を投入しやすい上部へと変更しました
・停電時でも排水可能な電池式の停電ボタンを搭載しました
・リモコンのボタンを大きくすることで押しやすく変更しました
・足腰に負担をかけないアームレストも握りやすく変更しました
・便座も長時間使用しても疲れにくいヒップラク形状にしました
・間接照明も便フタが開くのに合わせふんわりと点灯するよう変更しました(タイプ1のみ)
・新しく自動で「ナノイー」を放出する機能も搭載しました(タイプ1のみ)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング