スペシャルインタビュー■「新生ニックスを牽引するスーパー・スコアラー」カーメロ・アンソニー・・・WOWOWでNBA絶賛放送中!

PR TIMES / 2012年5月1日 9時20分

今シーズンもいよいよ終盤。カーメロ・アンソニー(以下:メロ)にとって、本当にさまざまな変化が起こったシーズンだった。
 まず前半は、故障に苦しんだ。手首、股関節、膝と次々に痛め、欠場しては復帰の繰り返し。その間には、ジェレミー・リンがシンデレラのように一躍スターダムにのし上がり、「ニックスはメロではなくリンを看板に立てたほうが勝てる」と評され、メロのトレード論が巻き起こったりもした。アマレとの共存も疑問視された。元々、アイソレーションで得点するタイプのメロは、「とにかく自分だけがボールを持っていないとダメなセルフィッシュな選手」と批判されもした。
 だが、現地3月14日にダントニHCが解雇され、現在のウッドソン暫定HCが指揮を取るようになってから―――メロが輝きだした。折りしも、ダントニHCのシステムはメロ向きではないと言われていたが、リンやアマレの故障、欠場もメロには有効に働いたのか―――クラッチ・ショットを決め続け、4月15日にヒートに下されるまで、怒涛のホーム9連勝の立役者となり、マディソン・スクエア・ガーデンを総立ちにさせたヒーローとなったのである。
 今、ニックスは東の7位。プレイオフ進出はほぼ堅い。状況さえフィットすれば、スーパー・スコアラーの資質を存分に発揮できることを証明したメロ。プレイオフに向けて、現在の心境はどうだろう?


Q:4月15日のヒート戦は印象的でしたが、何が起こったのでしょう?

M:何が起こったかすらよく分からなかった。本当に速いペースだったから…。彼らは残り6分でタフなショットをいくつも決めたけど、僕たちは決められなかった。みな、努力はしたと思う。ものすごく一生懸命プレイしたと思う。ディフェンスでもみんなずっと手を下げなかった。でも僕たちは、久々に流れに乗れない場面があった。彼らがタフなショットを決めたり、オフェンス・リバウンドで僕たちを制したのは、それが理由かもしれない。とにかく僕たちは、トランジションで十分にスコアリングできず、彼らに圧倒された。

Q:でもあなたは、スコアラーとしての仕事を十分に果たしました。

M:アグレッシブにアタックし続けなきゃならなかった。彼らにプレッシャーを与えたかったんだ。彼らはNBAの中でも、ディフェンスに優れたチームだからね。

Q:プレイオフ1回戦は、ヒートと当たりそうですね。

M:彼らは今シーズン、いいスタートを切っているが、僕たちはそうでもなかった。故障も続出したし、コーチも代わったり、多くの変化があったしね。ヒートとの戦いは、バトルになるだろう。でも、今の僕たちは、誰が相手だろうと自信を持っている。天にも届く自信だよ。1試合1試合学び続け、日々ベターになり続けてる。可能性は無限大だ。

Q:ニックスは今現在、破竹の勢いですよね。

M:僕たちは果敢にチャレンジしてるんだ。ここのところ、とてもハードにプレイしている。その勢いを保ち続け、学び、今後のゲームに備えたい。やっと僕たちらしさを表現でき始めたところだ。僕たちはどんな風にプレイするチームかということをね。僕は今、チームにすごく自信を持っている。

Q:あなたは、その立役者です。

M:僕だけの功績ではないよ。チームの皆が頑張っている。加えて、僕の体調は万全だ。故障が癒えるのに時間がかかったけれど、僕自身のリズムさえ保てるようになればうまくいく。今やっと、その感じが戻ってきたところなんだ。

Q:ウッドソンHCのシステムも、あなたに合っているように見えます。

M:彼がチームを引き継いだことは、僕にとっては「新しいスタート」だったし、「新しいチャレンジ」だったよ。彼は僕に、僕が思っていたよりももっともっと大きな責任、役割を果たすよう要求したんだ。もちろん彼は素晴らしいコーチだけど、なかなか厳しいよ(笑)。

Q:デンバー時代も、ときにさまざまな批判を受けたりしてきました。いつも苦境はどうやって乗り越えているのですか?

M:常々言っているように、周囲がなんと言おうとも気にしないようにしている。人々は何でも言う。信じなければいけないのは、自分自身。僕はバスケットボール・プレイヤーだから、言葉ではなくてプレイで言い返したいと思い努力し続けている。

Q:オフコートの話を少し。フロリダで起きた悲劇、*トレイボン君事件では、あなたは先日、彼のお母さんとお兄さんをニックスのロッカールームに招待していましたね。

M:あれは悲劇だったね...。僕も何かしたかったんだ。僕も去年姉を亡くした。彼らの気持ちは分かるつもりだ。お兄さんは、NYでミュージカルを見たかったみたいなんだけど(笑)。でも、彼らをロッカールームに招待できたことは、とても大きな意味があった。2度とあのようなことが起こらないように祈るよ。


*トレイボン・マーティン君事件
 2月26日、フロリダはサンフォードで、17歳の少年、トレイボン・マーティン君が、近所の店にキャンディを買いに行き家に戻る途中、誤って射殺された。この町内の犯罪防止ボランティアが、トレーナーのフードを目深にかぶっていたトレイボン君を見て、『犯罪者のようで怪しい、危険だ』と感じ、自己防衛のために銃撃したという。無実の17歳が突然命を奪われたこの悲劇は大きな話題を呼び、マイアミ・ヒートを始め、特にトレイボン君と同じアフリカン・アメリカンのプロ・アスリートたちが即座に反応、追悼の意、アクションを表明した。

眞田薫/WOWOW

********************
#7 カーメロ・アンソニー
ニューヨーク・ニックス
1984年5月29日生まれ
身長203cm/体重104kg
アメリカ出身
********************


■詳しくはWOWOW NBA ONLINE(wowow.co.jp/nba)へアクセス!
http://www.wowow.co.jp/sports/nba/


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★NBAバスケットボール4月29日プレイオフ開幕!
WOWOWではプレイオフも注目の試合を放送!
カンファレンス・ファイナルとファイナルは全試合生中継を中心にお届け!


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング