母とギャル本人が語る、もうひとつの『ビリギャル』ストーリー『ダメ親と呼ばれても学年ビリの子どもたちを慶應上智に合格させた母の話』2015年2月27日発売予定!

PR TIMES / 2014年12月26日 10時57分

アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー

2013年12月の発売から1周年、累計発行60万部突破、2015年GWの映画公開も決定しているベストセラー『ビリギャル』に続く、母とギャル本人が語るもうひとつの『ビリギャル』ストーリー、『ダメ親と呼ばれても学年ビリの子どもたちを慶應上智に合格させた母の話』(略称『ビリママ』)が、2015年2月27日(金)に発売(予定)となります。

『ビリギャル』の次は『ビリママ』!
「信じぬく勇気」の物語。あなたの家族にも奇跡を起こす、目からウロコの子育て法!

株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス ブランドカンパニーでは、2014年の各種年間ベストセラーランキングで上位にランクインし、日経MJが発表する2014年の「ヒット商品番付」にもランクインした笑って泣ける感動の実話小説『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著、以下『ビリギャル』)を発行しています。

このたび、ビリギャルの母・ああちゃんとビリギャル・さやかちゃんが語る、もうひとつのビリギャルストーリー『ダメ親と呼ばれても学年ビリの子どもたちを慶應上智に合格させた母の話』(ああちゃん、さやか(ビリギャル)・著、略称『ビリママ』)の発売が決定しました。
発売は2015年2月27日(金)を予定しています。

“呪われた家族”とまで呼ばれた崩壊寸前の家庭。憎しみと苦しみにあえいでいた日々の中で、ビリギャル・さやかちゃんの母・ああちゃんは、どんな信念を育てたのか。
本書は、学年ビリの成績から短期間で慶應義塾大学、上智大学に姉妹を合格させた母による、爆発的に伸びる子どもを育てるための感動ノンフィクション物語です。
家族の真の幸福とは何か? あなたの家族にも奇跡を起こす目からウロコの「気づき」が満載です。
『ビリギャル』著者・坪田信貴氏による推薦&解説文付きの1冊となります。

『ビリギャル』は、2013年12月27日の発売以来幅広い層の読者の感動を呼び、テレビ・新聞・雑誌・ウェブなど各種メディアに多数取り上げられました。
発売から約1年となった2014年12月26日現在、『ビリギャル』の累計発行部数は60万部に達しています。
また、女優・有村架純(ありむら・かすみ)主演、監督・土井裕泰、脚本・橋本裕志で映画化も決定しており、2015年5月1日ゴールデンウィークの公開を予定しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング