重量物の上げ下ろし動作時の身体負担を軽減する「アシストスーツ AWN-02」を開発

PR TIMES / 2014年8月27日 15時30分



アクティブリンク株式会社(本社:奈良県奈良市、代表取締役社長:藤本弘道)は、総合物流業を営む株式会社辰巳商會(大阪市)と共同で、物流現場などにおける荷役作業(重量物の上げ下ろし動作)での身体負担を軽減する補助器具「アシストスーツAWN-02」(以下、AWN-02)を開発しました。機器開発はアクティブリンク、現場での評価実証を辰巳商會が担当しました。AWN-02は、研究用パワーローダー(TM)ライト(PLL-01)から体幹の曲げ伸ばしを補助する機能を取り出した試作機で、体幹の動きを位置センサで検出し、動作意図に合わせて腰部のモータを回転させることで、荷役作業時の腰への負担を軽減するものです。

PLL-01では、腰や脚部などの動作補助のために、腰、ひざ、足首などの複数箇所にモータを配置しています。これは、重作業を支援する上半身部のアシストアームと対象重量物の合計40kg分を支えた上で動作することを想定したものであり、装置の重量やコスト面に課題がありました。新開発のAWN-02では、腰部負担の軽減に特化し、モータの数を左右の腰付近の合計2個に減らすことでコストダウンを実現しています。設計を大幅に見直し、重量も7kg台(バッテリーを除く)に軽量化しました。さらに、荷物の持ち上げを補助するモードや、上体を保持して荷物の搬送を補助するモードなど、腰部の位置センサで検出した姿勢や動きから、自動で動作モードを切り替えるアルゴリズムを新規で開発しました。使用者がスイッチ操作することなく、作業に追従してAWN-02のアシストモードが切り替わります。

アクティブリンクは昨年の夏から、辰巳商會の協力のもと大阪港物流倉庫で荷役作業者へのヒアリングや実証試験などを実施し、AWN-02の機能を向上させてまいりました。実験室での理想的な荷物の上げ下ろし作業においては、腰の負担を軽減するだけでなく、作業効率の改善効果も確認しております。

今後は、本開発品をベースに、労働負担の軽減だけでなく作業効率が求められる物流や農業、工場などの分野で用途開発を進め、2015年度中に量産を開始する予定です。農業分野では、2014年9月より福井県内の農家と連携した実証実験を開始します。本実証試験は、農林水産省 平成26年度農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業の支援をいただいております。

製品の販売は、三井物産株式会社、パナソニック株式会社を通じて行う予定で、レンタルやリースも含めて広く社会で使用いただける方法を検討しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング