1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界のマルウェア分析市場ーコンポーネント別(ソリューション、サービス)、組織規模別(SME、大企業)、展開別(オンプレミス、クラウドベース)、業種別、および地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年11月13日 11時45分

SDKI Inc.が「世界のマルウェア分析市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年11月12日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58627



マルウェア分析市場は、2022年に51.5億米ドルの市場価値から、2030年までに341.0億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に31%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1382/resize/d72515-1382-f989409ae783cebb476c-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-malware-analysis-market/119

マルウェア分析は、ウイルス、トロイの木馬、ルートキット、ワーム、バックドアなど、割り当てられたマルウェアサンプルの機能、ソース、および考えられる影響を特定するプロセスとして定義されます。マルウェアまたは悪意のあるソフトウェアは、ホストオペレーティングシステムを損なうこと、またはユーザー、企業、または組織から機密データを盗むことを目的としたコンピューターソフトウェアの一種です。マルウェア分析は、サイバーセキュリティベンダーからユーザーに効果的なソリューションまたはサービスとして提供されます。

マルウェア分析に関連するプラットフォームにより、サイバーセキュリティチームはマルウェアサンプルを分析および検出できるため、マルウェアサンプルをシステムから排除し、それ以上の拡散を防ぐことができます。これらのソリューションの制定は、セキュリティアラートを監視し、多くの場合、追加のマルウェア攻撃を防ぐために、民間または公的組織で実行できます。これは、予測期間中にマルウェア分析市場の成長に貢献します。さらに、標的型ランサムウェア攻撃の数の増加、および組織間でのIoTとBYODのトレンドの採用の増加は、予測期間中にマルウェア分析市場の成長を推進する主な要因です。

しかし、さまざまなマルウェア攻撃を実行するための予算上の制約、および海賊版とオープンソースのアンチウイルスの使用は、2022ー2030年の予測期間中にマルウェア分析市場の成長を抑制する可能性があります。

マルウェア分析市場セグメント

マルウェア分析市場は、コンポーネント別(ソリューション、サービス)、組織規模別(SME、大企業)、展開別(オンプレミス、クラウドベース)、業種別(BFSI、政府、ヘルスケア、IT・テレコム、製造、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

マルウェア分析市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、デジタル化の増加とモバイルおよびWebアプリケーションの使用の増加、およびこの地域でマルウェア分析サービスを提供する多数のベンダーの存在に起因しています。一方、アジア太平洋地域のマルウェア分析市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されています。モバイルデータの使用の増加、と組織間でのBYODの使用の急増などの要因は、この地域のマルウェア分析市場の成長を推進する主要な要因です。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

マルウェア分析市場の主要なキープレーヤー

マルウェア分析市場の主要なキープレーヤーには、Cisco Systems、Palo Alto Networks, Inc.、FireEye、Sophos Group plc、Symantec、Kaspersky Lab、Fortinet、Check Point Software Technologies, Ltd.、Qualys, Inc.、McAfee, LLCなどがあります。この調査には、マルウェア分析市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58627

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください