五味隆典、岡見勇信らも参戦!「UFC JAPAN 2013 上陸!ヴァンダレイ&マーク・ハント」をWOWOWで生中継!

PR TIMES / 2013年3月1日 14時38分



==========
★生中継!UFC JAPAN 2013 上陸!ヴァンダレイ&マーク・ハント
UFCが今年も日本に上陸!ヴァンダレイ・シウバやマーク・ハント、日本勢では五味、岡見ら豪華メンバーが参戦。さらに、今年もゲストに福山雅治が決定!必見の生中継だ!
3月3日(日)午後0:00~[WOWOWプライム]※生中継

<主な対戦カード>
ライトヘビー級:ヴァンダレイ・シウバ vs ブライアン・スタン
ヘビー級:マーク・ハント vs ステファン・ストルーブ
ライト級:五味隆典 vs ディエゴ・サンチェス
ミドル級:岡見勇信 vs ヘクター・ロンバード
http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/
==========

 オクタゴンと呼ばれる金網に囲まれた八角形のフィールドで行なわれる、世界最高峰の総合格闘技大会UFC。全米を中心に世界各国で開催され、世界中の格闘家たちが“最強”を目指し、リアルファイトを繰り広げる!
 今年もさいたまスーパーアリーナで開催される日本大会のメインには、長く“PRIDE絶対王者”として君臨し、今なおアグレッシブなファイトで観客を沸かすヴァンダレイ・シウバが登場、元海兵隊員のブライアン・スタンと対戦する。セミメインでは、元K-1王者でもあり、現在もUFC3連勝中と未だ怪物ぶりを発揮する“サモアの怪人”マーク・ハントが登場、身長213cmとUFCで最も背の高い“摩天楼”ステファン・ストルーブと対戦する。格闘技界のスーパースター2人がかつて大活躍した日本の舞台に凱旋する。
 日本勢では五味隆典と岡見勇信に注目が集まる。五味隆典は昨年2月の日本大会、11月のマカオ大会と連勝しUFC通算成績を3勝3敗とした。強豪ディエゴ・サンチェスを下して一気にライト級トップ戦線に躍り出たい。岡見勇信も昨年12月の勝利に続きUFC3連勝を狙う。その他にも多くの日本人選手が出場を予定しており、その活躍に期待だ!
 アメリカの熱狂と興奮をそのまま日本に上陸させるUFCを今年もWOWOWが生中継!そして、昨年大きな反響を呼んだゲストに今回も福山雅治が決定!高阪剛、宇野薫、稲垣收、高柳謙一、西達彦の実況・解説陣とともに、さいたまスーパーアリーナのオクタゴンサイドよりその熱狂と興奮をたっぷりとお伝えします!

■詳しくはUFC 番組オフィシャルサイト(wowow.co.jp/ufc)へアクセス!
http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★いよいよ決戦!UFC JAPAN 2013
メインカードで登場するヴァンダレイ・シウバやマーク・ハント、五味隆典戦など、見所を徹底紹介!さらに既に行われているアンダーカードもお届けする必見の無料放送!
3月3日(日)午前11:00~[WOWOWプライム]※生中継 ※無料放送


★生中継!UFC JAPAN 2013
昨年、2万人を動員したUFCが今年も日本上陸!スーパースターのヴァンダレイ・シウバやマーク・ハントが参戦。さらに五味、岡見といった日本勢の活躍にも期待だ!
3月3日(日)午後0:00~[WOWOWプライム]※生中継
<主な対戦カード>
ライトヘビー級:ヴァンダレイ・シウバ vs ブライアン・スタン
ヘビー級:マーク・ハント vs ステファン・ストルーブ
ライト級:五味隆典 vs ディエゴ・サンチェス
ミドル級:岡見勇信 vs ヘクター・ロンバード


★加入者限定【無料】WOWOWメンバーズオンデマンドでのライブ配信決定!
パソコン・スマートフォン・タブレットにて「UFC JAPAN 2013」のライブ配信をお楽しみいただけます。詳しくはwowow.bs/modまで
※11:00から配信予定の「いよいよ決戦!UFC JAPAN 2013」は未加入の方でも「オンラインID」をお持ちであれば無料でご覧いただけます。
※12:00から配信予定の「生中継!UFC JAPAN 2013」はWOWOWにご加入中の方で、メンバー登録をされていればご覧いただけます。
※「スカパー!」、「ひかりTV」経由でWOWOWをご視聴の方は、メンバーズオンデマ
ンドにおいて12時から配信予定の「生中継!UFC JAPAN 2013」はご利用いただけません。


★UFC登竜門TUF 超絶!ウェルター級武闘戦線
世界最高峰の総合格闘技イベント「UFC」との正式契約を懸け、若手ファイターたちが
共同生活を送りながら、ガチンコのトーナメントを戦う格闘リアリティ・ショー。
毎週金曜深夜0:00~好評放送中![WOWOWライブ]

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング