【第86回アカデミー賞授賞式】WOWOW生中継の案内役にジョン・カビラと夏目三久が決定!宮崎駿監督『風立ちぬ』のノミネート・受賞にも期待。

PR TIMES / 2013年12月25日 9時21分



 WOWOWプライムでは、世界中が注目するビッグイベントである「第86回アカデミー賞授賞式」の生中継番組を今年も放送する。同番組の今年の案内役に選ばれたのは、ジョン・カビラと夏目三久の二人。来年の生中継に先駆けて、今回が初タッグとなる二人に意気込みを聞いた。

 今回の仕事が初対面となる二人。相手の印象について「いつもプロフェッショナルだなと思いながら、番組を拝見していました。めちゃめちゃチャーミングな方ですよね。本当にラッキーです」とカビラが切り出すと、夏目も「毎年、アカデミー賞の番組を拝見しておりまして。まさかご一緒できるとは思っていませんでした。」カビラの印象について「レディーファースト、とても紳士な方だなと思いました。こういった番組の案内役をやらせていただくのは初めてなので、カビラさんに甘えながら、映画をより深く楽しませていただこうと思います。」と語る夏目であった。

 映画との関わり方を「すごくたくさん観ているわけではありませんが、代表的なものだったり、話題になっている作品は観たりしています」と語る夏目。家でビデオを観るのも好きだそうで、「好きな映画を何回も観ることもあります。アカデミー賞受賞作品だと『スティング』が好きですね。ポール・ニューマンのたばこを吸うシーンに大人の男性の色気を感じます。」と笑ってみせる。そしてほかの好きな映画については「『ライフ・イズ・ビューティフル』や、サンドラ・ブロックの『しあわせの隠れ場所』など、家族ものが好きですね」と付け加えた。

 アカデミー賞については「アカデミー賞を受賞したということで『アーティスト』も『アルゴ』も観に行きましたし、映画がたくさんある中で、どれを観ようかと悩んだときに、アカデミー賞というものはひとつの指標となりますよね」という夏目。それに対してカビラも「アカデミー賞の番組をご覧になると、いろいろな候補作が出てくるので、きっとこれからもっとたくさんの映画が観たくなりますよ」と期待をあおる。

 そんな二人がアカデミー賞授賞式で楽しみにしていることについては、「オープニングでは、候補作品をうまく料理するようなパロディがあると思いますんで、本当に楽しみですね。それからトリビュート。亡くなった映画界の至宝を称えるというコーナーもありますし。それから司会の練り込まれた話術ですよね。本当に刺激されます」とカビラ。夏目も「わたしもオープニングが楽しみ。こんな風に映像を作るんだとか、こんなコラボレーションが出来るんだとか。ハリウッドならではのスケールと映像美にうっとりして、ワクワクがそこで高まりますね。それからみなさんのお衣装ですね。アンジェリーナ・ジョリーさんのドレスがかっこよかったのが印象に残ってます。1年で1番華やかな場所なんじゃないかなと思います」と期待を寄せる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング