いよいよ明日ウィンブルドンテニスが開幕!開幕を前に、奈良くるみに独占インタビュー!注目のウィンブルドンテニス初日は明日よる7時30分~WOWOWにて生中継!※大会初日は無料放送でお届け!

PR TIMES / 2014年6月22日 15時5分



グランドスラム第3戦「ウィンブルドンテニス」が、いよいよ明日23日にイギリス・ロンドンで開幕する。グランドスラムで唯一芝のサーフェスを持ち、テニス界で最も高い格式を誇る今大会。WOWOWでは “日本のエース”錦織圭の戦いなど、現地の感動と興奮を連日生中継でお伝えする。

4年ぶり2度目のウィンブルドン出場となり、日本人女子選手として活躍に期待がかかる奈良くるみにWOWOWが現地にて独占インタビューを行った。


Q:芝の大会のシーズンに入りましたけれども、芝でのテニスの調子はいかがでしょうか?

奈良:前哨戦2大会は少し自分のテニスが出来ない試合をしてしまって、いい状態ではなかったのですが、このウィンブルドンに入ってから、今日もすごくいい調子が出てきたので調子はすごく上がっていると思います。


Q:飛躍の背景にはフットワークの打ち合いがあるとおっしゃっていましたが、フットワークに関して、芝とクレーではどういった違いがありますか?

奈良:クレーはやはりスライド出来たり、大きなステップがやりやすいですが、少し芝だと止まったりするので、フットワークは芝の方が難しくなります。


Q:全仏の最後に「クレーのプレーは掴んだけれど、芝の方はまだ少し。」とおっしゃっていましたが、どんなところが戦術の部分やプレーの部分で変わってくると思いますか?

奈良:芝はサーフェスが早いので、みんな選手も一発で決めてきたり、展開がすごく早くなってしまうので、私のこの足を使っていくプレーが合わないのかなっていうイメージはあったんですが、今までのプレーをやっていけば芝でも出来るという手応えはあるので、そのプレーを試合でもやっていければいいかなと思っています。


Q:では無理して決めに行くというよりは、自分のペースで?

奈良:はい、一番は足を使ってミス少なくやり、展開も自分は出来るので、そこをやっていけたらチャンスがあるんじゃないかなと思っています。


Q:一回戦の相手が決まりまして、ドイツのアンナ・レナ・フリードサム選手になりました。フリードサム選手の印象は?

奈良:昨年から何回かやっている選手なんですが、サービスとパワーがすごくある選手なので、そこをまずはリターンをしっかりして、ラリーに持っていけば、自分の方が有利なのではないかなと思います。


Q:リオで勝っていらっしゃいますよね?その時の展開など、どのあたりがポイントになったという感触はありますか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング