日本が誇る世界的アーティスト、あの横尾忠則が「描かずにいられなかった91枚もの絵」__それは亡くなった愛猫「タマ」! 前代未聞の傑作画文集『タマ、帰っておいで』発売! 

PR TIMES / 2020年4月1日 14時25分

個展「横尾忠則 REQUIEM タマ、帰っておいで」近日開催!

愛猫タマが2014年に亡くなったその日から描き始めたタマの絵、その数なんと91点。横尾忠則が、アートではなく、ただひたすらにタマへの愛を描いた渾身の画文集『タマ、帰っておいで』がついに完成!



[画像1: https://prtimes.jp/i/1719/2536/resize/d1719-2536-645228-0.jpg ]

横尾さんのツイッターやブログにたびたび登場していた「タマ」は、彼のファンなら誰しも知る「有名猫」で、その溺愛ぶりも有名だ。ノラ猫として庭先に現れてから15年の間、彼とその家族の癒しとなり心の支えとなってきた。そんなタマを失ったその日から描き始めた肖像画は91点にも及ぶ。画家としてではなく、ただひたすらにタマへの愛と鎮魂の意を込めて描き溜めた作品は、当初誰の目にも触れる予定ではなかった。しかし、今年七回忌を迎えることをきっかけとして出版を決意、この度の刊行に至った。

画文集には、横尾さんが折々に綴ったタマに関する文章、日記も掲載されている。日記の元になった横尾さんのツイッターでは、タマが亡くなった際、タマを失った悲しみ、寂しさを切々とつぶやき続け、そのつぶやきは多くの反響を呼んだ。この本には、タマの生前から亡くなった後2018年までのタマについて横尾さんが書いた日記をもとに掲載。魂の慟哭が聞こえてくる横尾さんの率直な言葉の数々は、多くの心に響くはずだ。

《編集者より》
横尾さんがオノ・ヨーコさんに会ったとき、
この絵は「アートとしてではなく、猫への愛を描いた」と話したところ、
ヨーコさんは「それこそアートじゃない!」と激賞したそうです。

私も人の心を動かすのがアートなら、
これはアートそのものだと思うのです。

横尾さんの愛にあふれた「タマ」にまつわる日記や文章も多数掲載されるこの本は、
すべての人に、「愛」とは、「生きる」とは、「死」とは、
いったいなんなのかを問いかける、
人生にとって大切で、そしてなにより可愛くて仕方がない画文集です!

すべてのアートファンに、そしてすべての猫好きに、
そしてこの本を買ってくれたすべての人に、
この本は人生に寄り添う一生モノの本になることでしょう。


[近日開催]愛猫タマを描いた絵画の全作品を一挙に公開!

「横尾忠則 REQUIEM タマ、帰っておいで」
Tadanori YOKOO REQUIEM for TAMA
●会場
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-10-8 日本橋日光ビル9F

●個展に関するお問い合わせ先
西村画廊 Tel.03-5203-2800 Fax.03-3231-2010
HP. http://nishimura-gallery.com
担当:久保圭史、福濱美志保

[画像2: https://prtimes.jp/i/1719/2536/resize/d1719-2536-630134-2.jpg ]

横尾忠則
1936年兵庫県生まれ。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロ、バングラデシュなど各国のビエンナーレに出品し世界的に活躍する。アムステルダムのステデリック美術館、パリのカルティエ財団現代美術館での個展など海外での発表が多く国際的に高い評価を得ている。2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。2013年、香川県豊島に豊島横尾館開館。2015年、第27回高松宮殿下記念世界文化賞受賞。作品は、国内外多数の主要美術館に収蔵されている。

[画像3: https://prtimes.jp/i/1719/2536/resize/d1719-2536-475614-3.jpg ]


■書誌情報■
『タマ、帰っておいで』
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000338164
定価:本体2,200円(税別)
ページ:156ページ
サイズ:182mm×182mm
仮フランス装

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング