人工流れ星衛星2号機、エレクトロンロケットで11月29日打ち上げへ

sorae.jp / 2019年11月29日 16時30分

株式会社ALEの人工流れ星計画の衛星2号機(ALE-2)が2019年11月29日の日本時間17時20分以降に打ち上げられます。

ALEの人工流れ星は、高度400キロメートルに設置された人工衛星から、直径約1センチメートルの流星源を放出することで、高度60〜80キロメートルの大気圏で燃え尽きる最中に人工流れ星を実現するというもの。ALEの11月6日の発表では、人工衛星2号機は11月25日からのウィンドウ(日程)が設定されていました。

ロケット・ラボのエレクトロンロケットでニュージーランドから打ち上げられるその模様は、ライブ配信されるとのことです。

With just over two hours until target lift-off, LOX fill operations are underway at LC-1. Set a reminder to tune into the live webcast! https://t.co/RyD0mD6yVf pic.twitter.com/aCLLWrmUwD

— Rocket Lab (@RocketLab) November 29, 2019

【🌠→🚀!!】

日本の宇宙スタートアップ・ALE(@ALE_StarAle)の人工衛星2号機を載せたRocket LAb社のElectronロケットが、日本時間で本日29日の16時56分以降にニュージーランドから打ち上げられるようです。
また、ライブ配信は15-20分前から開始予定とのことです。

📺 https://t.co/dlgLhfxFXS

— JAXA新事業促進部 (@jaxabiz) November 29, 2019

 

Image: ロケット・ラボ
Source: Twitter

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング