スペースX社、ロケットの打ち上げ成功累計100回目 スターリンク60基を軌道投入

sorae.jp / 2020年10月26日 11時0分

スターリンク衛星60基を搭載したファルコン9ロケット

スターリンク衛星60基を搭載したファルコン9ロケット(Credit: SpaceX Twitter)

米民間宇宙企業スペースX社は、現地時間10月24日、ファルコン9ロケットの打ち上げに成功しました。ファルコン9ロケットには、同社が進める衛星コンステレーション計画「スターリンク」衛星60基が搭載されました。スターリンク衛星は発射63分後に軌道への投入に成功し、今回のミッションは無事完了しています。スターリンク衛星の打ち上げは、今月だけでも10月7日、10月19日、10月24日とすでに3回行われており、11月は少なくとも2回の打ち上げが行われる見通しです。

今回の打ち上げで、これまでに打ち上げられたスペースX社のロケットが記念すべき100回目の打ち上げ成功を迎えました。内訳は、95回のファルコン9ロケット、3回のファルコンヘビーロケット、2回のファルコン1ロケットとなっています。スペースX社も公式ツイッターで過去100回の打ち上げをまとめた動画を掲載し、重要なマイルストーンを祝っています。

(Credit: SpaceX Twitter)

 

Image Credit: SpaceX Twitter
Source: SpaceNews
文/出口隼詩

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング