ドラマ「傲慢と偏見」、11.6%で月火ドラマ1位に

THE FACT JAPAN / 2014年11月4日 12時10分

MBC月火ドラマ「傲慢と偏見」が二桁の視聴率で月火ドラマ1位を記録した。|MBC




MBC月火ドラマ「傲慢と偏見」が二桁の視聴率で月火ドラマ1位を記録した。
4日、視聴率調査会社<ニールセンコリア>によると、3日放送された「傲慢と偏見」の第3話は全国11.6%の視聴率を記録した。先週の放送分11.0%より0.6%p上昇した数字で、初回から二桁の視聴率を維持している。
競争作であるKBS2TVの「ネイルもカンタービレ」とSBSの「秘密の扉」は両方とも5%台の視聴率にとどまっている。両ドラマは華やかなスポットライトを受けながら放映をスタートしたが、視聴者たちの心をつかまえず、低調な視聴率が続いている。
スポーツソウルジャパン|編集局

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング