チャ・スンウォン、「無限に挑戦」でユ・ジェソクと炭鉱アルバイトを予告

THE FACT JAPAN / 2014年12月5日 15時48分

© MBC


MBCバラエティ番組「無限に挑戦」の“極限アルバイト編”の2回目のエピソードが公開される。
今回の“極限アルバイト”は、1段階の挑戦をあきらめて次の段階に行く場合、前のアルバイトより労働時間が倍増するルールが適用された。前回の放送でソウル・63ビル(高さ地上249m)の外部ガラスを4時間に渡って磨いたパク・ミョンスは1段階の挑戦に成功して、そのまま収録が終わる特典があたえられた。
しかし、高層ビルのガラス掃除をあきらめたほかのメンバーたちは、その倍になる8時間の極限アルバイトに挑戦することになり、制作陣は「1,050」「4,800」「130」「10」という数字のカードを張った車を4台用意した。メンバーたちは気になる数字の車を選ぶと、目的地は知らず、数字と関連した極限アルバイトの勤務地へ移動することになる。
中で「1,050」の車を選択したチャ・スンウォンとユ・ジェソク。二人を乗せた車は数時間を走り、江原道(カンウォンド)にある炭鉱村に到着した。ようやく「1,050」という数字の意味が炭鉱の深さであることに気づいた二人。目の前の現実にチャ・スンウォンは9年前、「無限に挑戦」の前身である「無謀な挑戦」時代に挑んだ“練炭運びミッション”のことを思い出し、再び笑えない表情を浮かべた。特に今週の放送を予告するスチール写真では、二人の顔が真っ黒になって沈痛な顔つきをみせており、本格的に挑む炭鉱村でのアルバイトに視聴者の期待が寄せられる。
一方、チョン・ジュナは「130」という車に乗って、あるオフィスビルに移動。一日平均130本の電話を受けるテレマーケティングに挑戦することになった。ハハは「4,800」の箱を運ぶ宅配便の仕事を、チョン・ヒョンドンは殻つきの牡蠣から身だけをとって「10」kgのノルマを達成しなければならないアルバイトに挑戦する予定だ。
100%リアルに挑戦する「無限に挑戦」“極限アルバイト”の2回目のエピソードは、6日(土)午後6時25分、韓国のMBCチャンネルから放送される。
スポーツソウルジャパン|編集局

ザファクトジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング