[INTERVIEW] 映画「容疑者」で帰ってきたコン・ユ、「残酷だった9ヶ月、軍隊に戻っているような時間でした」

THE FACT JAPAN / 2014年1月16日 0時0分

コン・ユは、映画「容疑者」の撮影が、まるで軍隊時代に戻っているような時間だったと打ち明けた。|撮影:ナム・ユンホ記者


[スポーツソウルドットコム|キム・ガヨン記者]「残酷だった9ヶ月、ダイエットなんかもうしたくないです(笑)」俳優コン・ユ(34)は、映画「容疑者」のオファーを一度断ったことがある。しかし、昨年KBS2TVドラマ「ビッグ~愛は奇跡〈ミラクル〉~」を撮影する時、もう一度オファーを受けた。彼は「いったいどんな映画なのか?どんな監督が僕と一緒に撮ろうとしているのか?」という好奇心で、ウォン・シンヨン監督に会った。もし作品に出演しないことになっても、ちゃんと会ってから断ることが、礼儀だと思ったからだ。そして、初めて会ったウォン監督は、コン・ユを完全に口説いた。コン・ユは、映画に関するウォン監督の話を詳しく聞いては、納得の表情を浮かべながら、本格アクション映画「容疑者」への出演を決めた。コン・ユの厳しかった9ヶ月間の旅は、こうして始まった。
家族を失い、韓国に浸透してきた北朝鮮の最精鋭要員 チ・ドンチョル役を演じることとなったコン・ユは、まず飢えた獣のようなイメージを表現するために、ぜい肉のない完ぺきな体作りに臨んだ。鶏の胸肉と卵だけを食べながら、まる3ヶ月間を専属トレーナーと一緒にトレーニングに専念した。映画は、そんなコン・ユの外見が重要なだけに、心理描写も重要だった。それを知っているコン・ユも、外的な部分より内的な心理をうまく表現することに努力した。映画「容疑者」は、それほどの肉体的、精神的に高いモチベーションを求める作品だった。おかげで(?)彼は、4年前除隊した軍隊時代を思わせる“地獄行の扉”を、自から開けたわけだ。しかしコン・ユは、「その分、たくさんのことが学べましたね」と語った。


◆「容疑者」はアクション映画!できる限りのことは、全部見せよう!映画「容疑者」は“アクションの集大成”という評価を受けるほど、アクションシーンに重点をおいた。140分間という長いランニングタイムを引っ張っていくのもアクション。それは叩いて、壊して、爆音が絶えないものだが、そんな派手なアクションにも、長所や短所がはっきりしている。コン・ユもその点を知っていたため、「やるからには、むしろ自分が見せられること全てを、とことん見せてやろう」と思った。もちろんストーリーは充実した上に。
「これまでの韓国映画では、見たことのないものを撮影するので、できるだけ多くのことを見せたかったんです。スタッフの皆さんはその分野で10年以上のキャリアを持っているので、彼らが一緒に手がけるアクション映画はどんな作品になるだろうかと、大いに期待しましたし、僕も一緒にすることで、絶対迷惑はかけたくないと思いました。もし誰かが“この場面は、ハリウッド映画と似ている”と指摘したら、僕はあえてこう言ってあげます。“制作費は、ハリウッドの10分の1にもならないのに、こんな良質の映画に出会うことってなかなかありませんよ”と。僕だけでなく、現場のスタッフ方は本当に命賭けで一生懸命頑張りました。」
「容疑者」に対するコン・ユのプライドは、相当だった。9ヶ月間を一緒に笑って苦労したためか、映画に対するコン・ユの想いは、格別なものとなっていた。
「(笑いながら)他の作品より、なぜ『容疑者』には、これほどの愛着ができているのか、自分でも分からないです。韓国のアクション映画やジャンルの発展に、僕が何かを役立てたようで本当に嬉しいです。9ヶ月間に渡る撮影でしたが、まるで軍にまた入隊して厳しい訓練を受けるような気持ちでしたね。それが辛かったという意味というより、“戦友愛”のような感情が『容疑者』を通じて僕の心から湧いてきました。この映画は、俳優に大変な映画ではなく、スタッフをもっと大変にさせる映画です。なのにスタッフの方って、まったく疲れた顔もせず、それを見ていると、当然僕はもっと頑張らなきゃという気持ちになります。お互いにそのような尊敬心があって、最後まで呼吸を合わせたから、愉快に撮影することができたと思います。」

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング