1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

汚れたらポイするだけ「ダイソーのカビ汚れ防止マスキングテープ」時短掃除に

LIMO / 2021年3月3日 10時45分

写真

汚れたらポイするだけ「ダイソーのカビ汚れ防止マスキングテープ」時短掃除に

100円ショップ業界を長らくけん引し続けてきた株式会社大創産業は、広島県に本社を置く企業です。どこよりも圧倒的な価格以上の価値ある商品を提供すべく、進化してきました。

また、ダイソーでは100円ショップでありながら100円の商品以外にも価値ある商品を多数開発。金額の枠を超え、どれも価格以上の満足度が得られていると評判です。

100円ショップで種類豊富に売られているカラフルなマスキングテープ。そんな中で今回ご紹介するのは白・黒・グレーの「カビ汚れ防止」機能の付いたマステです。こちらアイテム、使用した主婦たちの間で「もう手放せない」と話題に。いったいどんなアイテムなのでしょうか。

***************

株式会社大創産業は、100円ショップダイソーを運営する企業です。ダイソーは国内3493店舗、海外2248店舗を展開しており(2020年2月末現在)国内のみならず、26の国と地域へ進出しグルーバルなチェーン展開を実現しています。業界動向サーチの「100円ショップ業界の現状と動向(2020年版)(https://gyokai-search.com/3-100yen.html)」によると、ダイソーは業界1位の売上高を記録。売上高は4584億円にのぼるなど、他社の追随を許さない圧倒的な存在です。
商品数は約70000アイテムもあり、その99%が自社開発商品とのこと。毎月800アイテムもの新商品を開発し続け、日々私たちに驚きを提供してくれています。

気になる場所を集中ガード!ダイソー「カビ汚れ防止マスキングテープ」

浴室やキッチンなどはこまめに掃除しているつもりでも、気が付くと埃が溜まっていたりカビが発生してしまっていたり。仕事や家事に忙しい中、毎日のお掃除ではなかなか手が回らないという方も多いはず。

そんな方にお勧めなのが、ダイソーから発売され早くも売切れ続出の人気アイテムとなっている「カビ汚れ防止マスキングテープ」です。こちらの商品は防カビ剤入りのマスキングテープになっており、カビが気になる場所の防カビ対策として使用できます。

また、カビ以外にも浴室の埃や石鹸などの汚れ、髪の毛などもガード。洗面台やキッチンのパッキンなど掃除しにくい場所に貼ってあげても掃除が楽になります。

手順も簡単。貼りたい場所の水気を拭き取り、マステを貼ります。あとは汚れが気になった際にはがし、新しいものに変えるだけです。

カラーは最初に販売されたホワイトタイプに加え、最近はグレーとブラックが仲間入りしました。家の中のサッシや巾木、インテリアの色に合わせられるので、使える場所が広がりそうですね。

・サイズ:15㎜×7m
・カラー:ホワイト、グレー、ブラック
・素材:和紙、アクリル系粘着剤
・防カビ剤入り
・製造国:日本

【カビ汚れ防止マスキングテープ】110円(税込)

「ダイソー『カビ汚れ防止マスキングテープ』」5つのおすすめポイント

1. カビができやすい場所に貼ってカビ予防ができる
2. お風呂や窓際掃除の仕上げに
3. 選べる3色カラーでインテリアに合わせられる
4. 埃や汚れが付きやすい場所もはがすだけで簡単お掃除
5. カビ防止剤入りなのに7mも入って税込み110円という高コスパ

口コミ
・「窓枠にマステを貼ると便利と聞いてマステ買いにダイソーへ。 カビ汚れ防止マスキングテープっていう商品が売っていて、ダイソー神か!と思った」

・「サッシのところだけじゃなく風呂場のドアのところの下とか、台所とか手洗いとかの水場や窓のとこの白いゴムみたいなところにダイソーのカビ防止剤がついているマステ貼っておけばそこそこ掃除しないでもキレイでいられる」

・「洗面台のパッキンに張り付く埃や汚れが長年気になっていました。拭いても拭いてもきれいにならないのが悩みでしたが、このテープを貼ってからは拭くのも簡単!汚れがひどいときにはがすだけなので手間もそんなにかかりません。今ではガードしたい場所にどんどん貼って、かなりリピートしています」

日本発のグローバル小売業を目指すダイソー

身近な100円ショップという存在でありながら、「DAISO」として企業ブランドを高め世界的なブランドを目指しているというダイソー。国内でも半数以上のシェアを占めるなど、いまや我々にとってなくてはならない存在です。消費者のニーズに即座に反応して開発される新商品たちは、どれも生活を豊かにしてくれるものばかりです。

毎日の生活をちょっと便利にしてくれるアイテムを多数開発しているダイソー。面倒なお掃除や手間がかかるカビ対策など、ダイソーの便利グッズを上手に使ってラクラク解決してみてくださいね。

参考資料

株式会社大創産業「会社概要(https://www.daiso-sangyo.co.jp/company/prof_hist)」

業界動向サーチ「100円ショップ業界の現状と動向(2020年版)(https://gyokai-search.com/3-100yen.html)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング