マツダのローマ字表記はMAZDAだが、MATSUDAではない由来は何か

LIMO / 2018年5月24日 10時35分

写真

マツダのローマ字表記はMAZDAだが、MATSUDAではない由来は何か

株式投資が楽しくなる「企業トリビア」

広島県を代表する企業といえばマツダ。デミオやアクセラ、アテンザ、CX-5、CX-8など、親しみやすい車種からクルマ好きのツボを押さえた車種まで、幅広く製造販売する自動車メーカーです。

そのマツダのローマ字表記は「MAZDA」で、「MATSUDA」ではありません。「ツ」が「Z(ゼット)」になっています。普通に考えれば「TSU」でよさそうなものですが、なぜなのでしょうか。

今回は同社の業績を振り返るとともに、社名の由来について見ていきます。

マツダの業績はどうなのか

マツダが2018年4月27日に発表した2018年3月期の連結決算によると、売上高は約3.5兆円、営業利益は約1460億円。対前期比はそれぞれ+8%増、+17%増の増収増益となりました。

グローバル販売台数は163.1万台と過去最高を記録し、対前期比+5%増という伸びを示しています。地域別では中国やタイなどで台数が伸び、全体をけん引。注目の欧州市場での販売台数は26.9万台と、対前期比+3%増となっています。

新年度の考え方

一方、新年度の2019年3月期はどうなっているかというと、売上高は約3.6兆円、営業利益は1050億円と、現時点では増収減益が見込まれています。

グローバル販売台数については、対前期比+2%の166.2万台。欧州では26.5万台で同▲1%の見込みです。また、為替前提は米ドルが1ドル107円、ユーロは130円となっています。

台数増やプロダクトミックス、コスト改善等で増収を見込んでいるものの、営業利益見通しが減益になっているのは、為替の影響、および米国販売ネットワーク改革への投資や環境規制対応などの費用増が影響しています。

マツダがMAZDAである理由とは

さて、本題の社名の由来について見てみると、マツダの公式ブログにその背景が書かれています。

では、どうして英語表記は「MAZDA」になったのか? それは、松田の姓に、アフラ・マズダ−(Ahura Mazda)
という西アジアでの人類文明発祥とともに誕生した“叡智・理性・調和の神”の名称を重ねたからなのです。
この神を東西文明と自動車文明のシンボルとして捉え、自動車産業の光明となることを願って名付けられたんですよ。

出所:「マツダ公式ブログ zoom-zoom BLOG」(http://blog.mazda.com/archive/20130508_01.html)

マツダは1920年に東洋コルク工業株式会社として創立。1921年には松田重次郎社長が就任し、1927年には東洋工業株式会社に改称されました。

そして、1951年には松田恒次社長が就任(松田重次郎氏は会長に就任)、1970年には松田耕平社長が就任。1977年には松田耕平氏は会長に就任します。

こうしてみると、マツダのローマ字表記は、松田という姓の読みに外国語の意味を持たせたのだということが分かります。

現在のマツダ株式会社に社名が変更されたのは1984年。意外に最近のことだったとお感じになる方も多いのではないでしょうか。マツダに名称が変更された以降も同社はさらに飛躍し、現在に至っています。

LIMO

トピックスRSS

ランキング