上が重そうな豪ドル/円やポンド/円、週末までのレンジを予想!

トウシル / 2019年7月18日 9時16分

写真

上が重そうな豪ドル/円やポンド/円、週末までのレンジを予想!

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは108.58

下値メドは107.47

今朝の天気マークは「雨」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

豪ドル/円、下がる…?​

 今日の東京時間のハイライトは、豪の6月雇用統計です。新規雇用者は+1.00万人の予想で、前月(4.23万人)に比べて大幅に悪化する模様。オーストラリアでは5月18日に総選挙が行われたのですが、それが終わって臨時バイトの口が減ったことが理由といわれています。

 気になるのはRBA(豪準備銀行)の動き。RBAは先月6月4日の会合で、約2年10カ月ぶりに政策金利を1.25%に引き下げました。ロウRBA総裁は、利下げを決定した理由としてインフレ促進と雇用拡大を掲げています。つまり、雇用が伸びなければ「再利下げ」もありえるということです。その意味で今日の雇用統計は注目。結果次第では8月利下げのリスクが高まり豪ドルの下押し圧力となるでしょう。

 週末までの豪ドル/円、ポンド/円、トルコリラ/円のサポートとレジスタンスは、「今日の注目通貨」をご覧ください。

 17日(水曜)のドル/円は108.32円まで上昇したものの、前日同様そこから上に進めず逆に107.96円まで下落。終値は107.97円で、108円を維持できずに終了しました。

毎ヨミ!FXトップニュース(7月17日)

17日ドル/円のNY市場の終値は107.96円

 16日の終値に比べ0.29円のドル安/円高だったので、今朝の天気マークは「雨」です。

各国・各通貨トピックス

ドル:
    パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長「不確実性が高まっており、FRBは適切に行動する」、「世界の貿易や成長を巡る不確実性がある」
    カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「0.5%の利下げが必要」
    カプラン・ダラス連銀総裁「1度の利下げで安定するだろう」
    トランプ大統領「やろうと思えば、中国に追加関税発動できる」
    米地区連銀経済報告(ベージュブック)「経済は緩やかなペースで拡大」

円:
    対韓輸出規制の強化、70%が政府対応支持
    格付け会社フィッチ、日本の格付けを「A」で据え置き。見通しは「安定的」
    スマホで投票、参院選後に実証実験 = 総務省
    日本政府「9月の日米首脳会談で貿易合意を目指す」

ユーロ:
    ECB(欧州中央銀行)理事会議事録「理事会は緩和政策を準備する必要性で一致」
    フランスが大手IT企業にデジタル課税法案を可決。トランプ大統領が懸念
    ドイツ景気に不安。7月ZEW景況感指数が全セクターで急速に悪化
    欧州議会、フォンデアライエン独国防相を欧州委員長に承認

中国人民元:
    李克強 中国副主席「経済の下方向の圧力が増えている」

カナダ:
    カナダ銀行副総裁「輸出が引き続き最大の不確定要素」
    カナダ銀行総裁「カナダドル高が、カナダの競争力を弱めている」

その他:
    人が新しい音楽を探すのは30歳まで=音楽配信サービス会社の調査
    東京ディズニーリゾートのファストパス、スマホでOKに
    トイレに薬物流すと「ワニ」が覚せい剤中毒に = 米テネシー州が呼びかけ

主要指標終値

出所:楽天証券が作成

本日の注目通貨

豪ドル/円:レンジ予想:74.60円から76.80円

ピボットは75.62円。 
今年の高値と安値の50%は75.99円

第3レジスタンス:76.80円
第2レジスタンス:76.36円
第1レジスタンス:76.06円
ウィークリー・ピボット:75.62円
第1サポート:75.33円
第2サポート:74.89円
第3サポート:74.60円

7月のこれまでの高値は76.28円、安値は75.12円。
高値と安値の半値(50%)は75.70円。

先週の終値はその前の週に比べ0.06円の豪ドル高。
先週の値幅は0.73円。
1日の平均値動きは0.48円。

2019年のこれまでの高値は80.72円、安値は71.26円。
高値と安値の半値(50%)は75.99円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ポンド/円:今週のレンジ予想:133.90円から137.48円

ピボットは135.69円。
今年の高値と安値の50%は139.63円。

第3レジスタンス:137.48円
第2レジスタンス:136.88円
第1レジスタンス:136.29円
ウィークリー・ピボット:135.69円
第1サポート:135.10円
第2サポート:134.49円
第3サポート:133.90円

7月のこれまでの高値は137.79円、安値は133.96円。
高値と安値の半値(50%)は135.87円。

先週の終値はその前の週に比べ0.21円のポンド安。
先週の値幅は1.19円。
1日の平均値動きは0.76円。

2019年のこれまでの高値は148.88円、安値は130.38円。
高値と安値の半値(50%)は139.63円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トルコリラ/円:今週のレンジ予想:18.19円から19.48円

今週のピボットは18.86円。
今年の高値と安値の半値(50%)は19.31円。

第3レジスタンス:19.48円
第2レジスタンス:19.29円
第1レジスタンス:19.05円
ウィークリー・ピボット:18.86円
第1サポート:18.62円
第2サポート:18.43円
第3サポート:18.19円

7月のこれまでの高値は19.28円、安値は18.66円。
高値と安値の半値(50%)は18.97円。

先週の終値はその前の週に比べ0.41円のトルコリラ安。
先週の値幅は0.43円。
1日の平均値動きは0.25円。

2019年のこれまでの高値は21.15円、安値は17.48円。
高値と安値の半値(50%)は19.31円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

18日:豪失業率、英小売売上高、南ア政策金利 など

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング