【花粉症診断】くしゃみで性格がわかる!「クシュ」っと小さくする人は内気で人見知り

i無料占い / 2014年3月26日 17時0分

写真

 今年は花粉が少なめとはいえ、花粉症の人には、つらい季節です。高性能マスクなどの花粉症対策グッズや薬も増えてきましたが、ちょっと油断すると、むずむず、ハックション! となってしまいます。ところで、くしゃみの仕方は人によってさまざまに違います。その点に注目した研究者がいて、くしゃみの仕方による性格判断ができるという調査結果がでています。さて、あなたは、どんなふうにくしゃみをしますか?
 
■「ハーックション」と豪快に男らしく……単純で白黒はっきりさせたい性格
 くしゃみの仕方は、笑い方と相関関係があるのだそうです。豪快にくしゃみをするのは、豪快に笑い、人生を積極的に謳歌する人。性格的にはわりと単純で、喜怒哀楽がハッキリした、感情豊かなタイプ。良いことはいい、悪いことは悪いと白黒はっきりさせたがります。普段から話す声も大きく、目立ちたがり。明るく前向きで楽天的。友達も多いでしょう。
 
■手でおおって「クシュ」とできるだけ小さく……内気で神経質な性格
 ちいさくくしゃみをする人は、笑うときも手をそえて、口元を隠します。警戒心が強く、感情を人に見せません。消極的、内気で神経質な性格。話す声も小さく、口下手で、人見知りです。人が大勢いる場所が苦手で、注目されることを好みません。けれどごく親しい人に対しては、愛情深く面倒みがよく、頼りにされているでしょう。
 
■「クチュン」と可愛く……自分をよくみせたがるナルシストな性格
 作為的な可愛らしいくしゃみをする人は、みんなに注目されたいという気持ちが強いナルシスト気質です。常に人の目を意識していて、理想の自分を演出しようとしています。人がいる前では「クチュン」でも、1人でいるときは「ハックション」かもしれません。あまりに差が大きい場合は、そのままの自分自身は愛されないというトラウマを抱えている可能性も。
 
■「ハックション、こんちくしょー!」などかけ声をつけて……実はさびしがりな性格
 可愛らしいくしゃみの人と同じく、人を常に意識しているタイプ。人を楽しませたい、おもしろがらせたいという気持ちが強い人。いつも言動はおおげさで芝居がかっていて、ジェスチャーも大きく、声も大きく、うるさがられることも。相手が反応するまで何度も繰り返します。その実はやはり、さびしがりで、誰かに自分を見てほしいという欲望が強いのです。
 
 ちなみに、外国語での「ハクション」は、英語では「アチュー」、ドイツ語では「ハッチ」、韓国語では「エイチ」だそうです。くしゃみを止めるには、出そうになったときにさっと鼻をつまむといいそうです。小さくくしゃみをするには、くしゃみをするときに息を吸わずに、できるだけ息を吐いておくといいとか。くしゃみの仕方になどこだわっていられないつらい季節が終わるまで、もうあと少しです。
(高橋桐矢)

i無料占い

トピックスRSS

ランキング