4月14日(日)の天気 西から雨の範囲拡大 関東は夕方から広く雨

ウェザーニュース / 2019年4月13日 17時0分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本や中部 雨風の強まりに注意
・関東 夕方以降は広く傘の出番
・東北は遅い時間は雨具の用意を
・北海道は雨の心配はなし

予想天気図 14日(日)9時

14日(日)は低気圧が日本海を東に進みます。南からの湿った空気が流れ込み、西日本や東海、北陸は雨が降るほか、関東や東北もだんだんと天気が崩れてきます。

西日本や中部 雨風の強まりに注意

近畿、中国四国は朝から、東海、北陸も昼前後から雨が降り出してきます。四国~東海の太平洋側では強い雨となるほか、北陸エリアを中心に沿岸部は風も強まる可能性があります。外出の際は大きい丈夫な傘が良さそうです。

九州も午後は雨の降るところがありますので、折りたたみの傘があると安心です。

関東 夕方以降は広く傘の出番

関東も低気圧の影響を受けて、天気は下り坂です。午後は雨の降り出すところがあるので、外での用事は午前中に済ませたほうがよさそうです。

特に夕方以降は雨の範囲が拡大。広く傘の出番となります。日差しの温もりはなく、体感は少しヒンヤリとしそうです。

北海道は雨の心配はなし/東北は遅い時間は雨具の用意を

北海道は高気圧の中心が東に離れ、13日に比べると雲が多くなってきます。ただ、雨や雪が降ることはありません。気温も引き続き高めで、昼間はお出かけを楽しめる天気です。

一方、東北は夕方以降、南部から雨が降り出してきます。遅いお帰りには雨具をお持ちください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング