宮崎県で1時間に約120mmの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報

ウェザーニュース / 2019年8月6日 9時32分

ウェザーニュース

今日6日(火)は、台風8号を取り巻く活発な雨雲の影響で、九州では局地的に激しい雨が降っています。

▼宮崎県で猛烈な雨
9時00分までの1時間に、
 延岡市付近で約120mm(解析雨量)

▼大分県で猛烈な雨
9時00分までの1時間に、
 佐伯市佐伯付近で約110mm(解析雨量)
 佐伯市直川付近で約110mm(解析雨量)

昼過ぎにかけて大雨警戒

台風は今後、徐々に北上して、昼過ぎには海上へ抜ける見込みですが、台風に向かって湿った空気が流れ込み続けるため、線状降水帯が形成されていて、この後も雨雲が同じようなところに入り続ける恐れがあります。

宮崎県北部や大分県南部では、昼頃にかけても激しい雨、猛烈な雨が降る恐れがありますので、短時間の激しい雨による道路冠水や河川の急な増水、また大雨による土砂災害などに厳重に警戒してください。


記録的短時間大雨情報とは?

気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。
その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。

この情報が発表された地域の周辺では、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。
地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング