英語で歌おう! 親子で楽しむ手遊び歌からはじめる英語3「Walking, Walking」

Woman.excite / 2015年8月30日 4時15分

写真

今回は、子どもと一緒に、曲に合わせて動きながら楽しめる手遊び歌をご紹介します。「歌+動作+英語」は、普段英語にまったく関わらない子どもでも、すんなり覚えて歌うことができるのでおすすめです。


© kazoka303030 - Fotolia.com


手遊び歌紹介:歌詞通りに動いてみよう「Walking, Walking」
今回ご紹介する曲は「Walking, Walking」です。メロディーは「♪グーチョキバーで グーチョキバーでなにつくろう〜」でおなじみの日本の手遊び歌「グーチョキパー」の曲にのせて歌いますので、親子ですぐに取り組めますよ。

手遊びのやり方:基本編
まずは基本編から。歌詞の通りに動きます。

♪Walking, walking(曲に合わせて歩く)
♪Walking, walking(曲に合わせて歩く)

♪Hop, hop, hop!(曲に合わせてジャンプする)
♪Hop, hop, hop!(曲に合わせてジャンプする)

♪Running, running, running, (曲に合わせてすばやく走る)
♪Running, running, running, (曲に合わせてすばやく走る)

♪Now let's stop, Now let's stop. (ストップのところでピタッと止まる)

<ねんねの赤ちゃん>
ママが赤ちゃんのお腹の上を地面に見立てて、ママの指2本を足のようにして歩く。この場合は、♪Running, running, runningのところで、ママが赤ちゃんのお腹をくすぐります。
大好きなママにくすぐられて赤ちゃんは大興奮! だんだん覚えてくると、くすぐっていないのに歌を聞くだけで笑い出しますよ。

<おすわりの子>
子どもを抱っこしながらママが歌詞の通りに動く。

<つかまり立ちの子>
子どもの脇を抱えて、ママが赤ちゃんの手を持ち、歌詞の通りの動きに誘導する。

<タッチできる子>
自分でやらせてみる。

など、成長期に合わせた動きを楽しみましょう。


手遊びのやり方:応用編
<その1:輪になって動こう>
複数の親子や子どもたちが集まったら、「Let’s make a circle(輪になろう)!」と声をかけて、輪になります。そして、どちら周りでもいいので同じ方向に曲にのって歌いながら動きます。♪Running, running, runningのところで、各自が輪から外れ、ランダムに走ります。最後の♪Now let's stopのところで、どこにいてもその場でピタッと止まります。

<その2:替え歌を楽しもう>
慣れて来たら、♪Walking, Walkingのところを♪jumping, jumping(ジャンプする)とか、♪swimming, swimming(泳ぐマネをする)とか、 ♪sleeping, sleeping(寝たふりをする)に変えてみるのもおもしろいですよ。ほかにも、動作を表す単語をいろいろ調べて替え歌をしてみてください。

<その3:「Stop(止まれ)」で止まることをきちんと教えよう>
これは、しつけの要素も含みますが、ママが「ストップ!」とか「止まれ!」などと言った時に、きちんと止まれる子どもにしつけることは、安全面からも重要ですね。それを身に着けさせるには、この歌が使えます! 「『Stop(止まれ)』って言ったら必ず止まるんだよ」と子どもに言い聞かせて、歌で実践してみてください。反射的に止まれるようになれば、実生活でもきっと役に立つはずです。

「Walking, Walking」はシンプルで覚えやすい歌ですが、活用の幅がとても広い、名曲です。ぜひ子どもと一緒に歌ってみましょう。


(ライター:ヨシムラサキ)
(ヨシムラサキ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング