歌手ソルビ、パステルミュージックへ移籍

Wow!Korea / 2014年2月27日 10時58分

ソルビ

韓国歌手ソルビがパステルミュージックに移籍し、来月ミニアルバムを発表することがわかった。

パステルミュージックは26日「ソルビとアルバム発売およびマネジメント関連の契約を結んだ」とし「3月中旬の発売を目標に1年ぶりのニューアルバムを準備している」と明らかにした。

ソルビとパステルミュージックがタッグを組むのは異例的なことだ。インディーズ音楽界を代表するレーベルであるパステルミュージックはこれまでヨジョ、Taru、Humming Urban Stereoなどのミュージシャンを輩出しており、現在、Epitone Projectやハン・ヒジョン、Zitten、「CASKER」、「Sogyumo Acacia Band」などのシンガーソングライターらが所属している。

ソルビはここで音楽的な変化を試み、本名であるクォン・ジアンとして活動する。先ごろ米国・ニューヨークで新曲のミュージックビデオ(MV)撮影を行った。

パステルミュージックの関係者は「ソルビと深みのある話を交わし、音楽への真摯な姿勢に感銘を受けた」とし「幼いころから歌いながら音楽で疎通する姿を夢見たという話に真正性を感じた。アーティストとしての発展の可能性を高く評価して歌手活動を一緒にすることになった」と説明した。

2006年混成グループ「Typhoon」でデビューしたソルビはその後ソロ歌手として活動した。最近は画家として展示会を開催し、本を出して公演を行うなど多分野で活動している。

パステルミュージックはソルビのアルバム活動を全て担当し、IKエンターテインメントが演技、芸能などの活動と関連するマネジメントを担当する予定だ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング