ユン・ウネ、韓中合作映画「After Love」に出演確定

Wow!Korea / 2014年11月16日 23時33分

女優ユン・ウネが韓中合作映画「After Love」ヒロインへのキャスティングが確定した。(提供:OSEN)

女優ユン・ウネが韓中合作映画「After Love」ヒロインへのキャスティングが確定した。

16日、映画界によるとユン・ウネは「After Love」の出演を確定し、本格的に準備に入ったという。

映画「After Love」は、中国投資会社「北京金強盛世文化伝播有限公司」と、映画会社「リイェン」が共同制作する韓中合作プロジェクトで、映画「間で」や「プラスチック・ツリー」のオ・イルソン監督がメガホンを取る。

映画は、そばにいる時はその大切さをわからず、いなくなってから初めて一人の女性を見つめるようになった男の悲しい恋を描いたラブストーリー。ユン・ウネは一人の男性だけを見続ける良妻賢母のウノン役で、悲しいラブストーリーを繰り広げる。すでに俳優パク・シフが男性主人公に確定している。

ユン・ウネはこれまで中国側から多くのラブコールを受けてきたが、実際に出演するのは今回が初めて。韓国を越えてアジア圏でファンを抱えるユン・ウネの初の中国進出作になる。すでに韓流スターとして認知されているユン・ウネが、今作を通じてさらに大きな市場で羽ばたけるのか注目されている。

さらにユン・ウネは2011年公開の映画「マイ・ブラック・ミニドレス」以来3年ぶりのスクリーン復帰となる。友情出演した俳優ハ・ジョンウの演出作「許三観売血記」の公開も控えている。

映画「After Love」は来年下半期に韓国と中国で公開することを目標として、今月中旬以降に済州島でクランクインし、来年初めまで北京で撮影をしていく予定。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング