ジム・スタージェス、女優ペ・ドゥナのために“エコノミー”で韓国訪問していた

Wow!Korea / 2014年12月8日 14時17分

ジム・スタージェス、女優ペ・ドゥナのために“エコノミー”で韓国訪問していた。

2012年12月、イギリス出身のハリウッドスター、ジム・スタージェス(36)が韓国を訪れた。ウォシャウスキー姉弟監督の映画「クラウド アトラス」のプロモーションのための初訪韓だった。表向きの理由はそうだった。当時、彼が“秘密の恋人” ペ・ドゥナ(35)に会いに飛んできたという事実を知る人は、ごく少数に過ぎなかったからだ。

その年の冬、映画「クラウド アトラス」側は韓国公開を控え悩みを抱えていた。大金で購入した映画なのに、思ったより韓国国内の映画ファンの雰囲気が高まらなかったからだ。「マトリックス」シリーズを手掛けたウォシャウスキー姉弟監督が興行失敗で信頼を失ったことも大きかった。そこで取り出した秘蔵のカード一枚。映画「クラウド アトラス」の豪華出演者の中で誰かを招くことだった。

トム・ハンクスやハル・ベリーといった韓国でも知名度の高い決定的スター2人は、スケジュールの関係で不発。失意に満ちた輸入会社側に朗報が伝えられた。ハリウッドのライジング・スター、ジム・スタージェスが自ら要望するように、韓国プレミアに参加する意思を明らかにしたのだ。

ジム・スタージェスとは一体誰か。ミュージカル「アクロス・ザ・ユニバース」(2007)で歌の実力を光らせ、映画「ブーリン家の姉妹」(2007)や「ラスベガスをぶっつぶせ」(2008)などに出演する演技派新鋭。国内の観客には、アン・ハサウェイとの「ワン・デイ 23年のラブストーリー」(2011)、キルスティン・ダンストとの「アップサイドダウン 重力の恋人」(2012)など、甘いロマンチック・コメディが有名だ。

問題は海外での高い知名度とは違い、ジム・スタージェスが2012年冬までは韓国でそれほど人気のあるスターではなかったという事実だ。輸入会社側は悩んだ末、ジム・スタージェスに回答した。「来ていただいても大丈夫です。しかし予算の都合上、飛行機の往復チケットはエコノミーしかご用意できません」と。そのような待遇で韓国の試写会に出席するハリウッドスターはいなかった。ジム・スタージェス以前は。

ジム・スタージェスは一歩で飛んできた。エコノミーに乗り不平も言わず、忙しいスケジュールをすべてこなした。「ソジュ(韓国焼酎)が好きだ」と親韓派スターとしての姿を発散し、韓国ファンの愛情指数も上昇した。また、劇中の相手役ペ・ドゥナとの記者会見などで“最高の相性”を見せつけた。

演技派同士が見せる演技力は抜群だった。2人が並んで歩いても、恋人関係と感づいた人はいなかった。そんな中、映画関係者にある情報提供を受けた。「ジム・スタージェスとペ・ドゥナは付き合っているようだ」と、また「2人は映画撮影や海外スケジュールにおいて、親密な関係だった」と。

2人は、ペ・ドゥナが自身の主演映画「ドヒよ」(2014)で第67回カンヌ国際映画祭に招待されイベントに共に出席した際、“恋人”であることを公式発表している。そして、ジム・スタージェスが恋人のために、エコノミーでも構わず韓国行きを決定したハリウッドスターとして、再度注目を浴びている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング