「BIGSTAR」旅番組「Amazing KOREA」南原篇の見所を語る!

Wow!Korea / 2014年12月8日 14時10分

「BIGSTAR」旅番組「Amazing KOREA」南原篇の見所を語る!

全国のケーブルテレビ、スカパー!、IPTVで「旅チャンネル」を放送中のターナージャパン株式会社(本社:東京都中央区銀座6-18-2 銀座MTRビル11階執行役員GM兼シニアバイスプレジデント:トム・ペリー)では、注目の韓流アイドルグループ「BIGSTAR」が韓国各地を案内する旅番組「Amazing KOREA」(2014年12月13日(土)午前10時~)第8話を放送する。

「Amazing KOREA」は、韓流アイドルグループ「BIGSTAR」が韓国旅行をより楽しむためのとっておきの情報を毎月お届けするシリーズ番組。韓国各地を訪れ、各々の街での旅の楽しみ方を毎回お送りする。

第8話「韓流・BIGSTARと行く南原」篇では、韓国を代表する古典文学“春香伝”ゆかりの場所を訪ねたり、韓国の伝統芸能パンソリを習ったり、名物のドジョウ汁作りに挑戦するなど、南原の様々な魅力をお届け。収録を終えた「BIGSTAR」のメンバーが第8話の見所について語った。

-南原で思い出に残っていることとその理由は?

ジュド:雪岳山(ソラク山)と漆塗りの工房です。雪岳山は空気がきれいで、景色も良かったです。漆塗りの工房では漆工芸の素晴らしさに感動しました。

ソンハク:南原でパンソリ(韓国の伝統芸能)を生まれて初めて体験しました。思ったより大変でしたが楽しかったです。初めてだったのに褒められたのでとてもうれしかったです。歌手としてこの経験は今後役に立つと思います。

レファン:今回旅をした南原の廣寒樓(クァンハンル)は春香伝(韓国を代表する古典文学)の舞台になった場所。子供の頃に楽しく読んだ本だったので、その舞台になった場所に実際に来てみたら、ストーリーを思い出して感動しました。とても美しい場所なのでカップルのデートにぴったりな場所だと思います(笑)。

バラム:国楽の聖地という場所が思い出に残っています。南原の漆の効能についての説明は驚きの連続で、これも印象に残っています。番組で紹介される場所はどこも印象的で全ておススメです。

フィルドッグ:漆の工房は素晴らしい体験でした。漆の効能は殺菌、錆、温度の変化にあまり影響を受けないことなど、ここでは全て語りきれないほど沢山の説明を受けました。また漆の美しさは高く評価されていて、無形文化財である漆塗りの工芸作家の先生に工房で出会うことができ、とても光栄でした。

-南原をもう一度旅をする時は、誰と行きたいですか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング