1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【イベントレポ】ノ・ミヌ“僕の心を埋めてくれた患者たち”へ10年分の言葉にならない感謝を贈る

Wow!Korea / 2014年12月29日 17時48分

熱く盛り上がったところで、MCに星野卓也が登場し、ゲームのコーナへ。「甘いラブコール」と題して、ノ・ミヌの持つ携帯電話に一番早くコールできた人が、マイクを通さず携帯で二人だけの会話を楽しむことができ、さらに広い客席の中から電話をしたままノ・ミヌがその相手を探しあてるというもの。スクリーンに携帯番号が表示されると、ファンは必死に携帯を握りしめてチャレンジ。

客席のどこかにいる患者と携帯で話をしながら、ノ・ミヌはステージから降りて客席をくまなく歩き、相手を探し求める。何を話しているのかはノ・ミヌと選ばれた患者との二人だけの秘密。ようやく探し当てると、「昨日空港で会ったね。僕にピカチュウをくれたよね」と顔を覚えていたノ・ミヌからのうれしい一言に、ファンも大感激の様子。羨望のまなざしの中、サイン入りのトートバッグがプレゼントされ、ノ・ミヌは優しく肩を抱くと一緒にチェキを撮り、さらに写真にキスをしてからファンに手渡した。2回目も違う番号で同じようにゲームが行われ、ラッキーなファンは携帯越しにノ・ミヌとの二人だけの甘い時間を楽しんだ。

甘い余韻が残る会場で、さらに「甘いミヌを感じてください」とノ・ミヌ。ミドルなナンバー「BABY」を歌いながらステージから降りると、ステージ序盤の約束通り、回りきれなかったテーブルの方からファンの間をゆっくりと歌いながら歩き、一人一人に感謝を伝えるように、ハイタッチや握手で触れ合い、時にはひざの上に座るなど、とびきりの笑顔とサービスでファンを喜ばせた。

「この髪型どう?」とふわっとした前髪ありのノ・ミヌに、ファンは「いい!」「かわいい〜!」と即答。現在撮影中のドラマ「私の残念な彼氏」のピュアな役に合わせたという。ピュア過ぎて女性から告白されても意味がわからないような人が少しずつ愛をわかっていくロマンティックコメディだというが、台本に「“テウン(役名)、すごくいい体”と書いてあって(笑)。だから運動、がんばっています。楽しみにしてください」と新しい作品への意欲を覗かせた。

ステージ中盤ではアンプラグドな演奏での日本語曲や、ファンに伝えたい思いを込めたという「Don’t Go Away」を熱唱。時おり瞳を閉じて歌い上げるその美しい横顔に、ファンはうっとりしながらペンライトを揺らした。GACKTのモノマネをして笑わせたり、「ミヌ〜!」と黄色い声があがるたびに、「ん?」と言ってその声に応えるようとするなど、彼の優しさが伝わる場面も随所に見られた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング