「a-nation stadium fes.」東京公演、「SUPER JUNIOR」ら出演者13組が5万人を魅了!

Wow!Korea / 2015年8月31日 9時50分

この日の出演者で最も異彩を放っていたのは、a-nation初登場の「ゴールデンボンバー」。会場のざわめきの中「こんな汚いバンドを呼んでくれてありがとうございます!」とボーカルの鬼龍院翔があいさつ。「僕らはこの後どんどん汚くなるので、お食事中の方はいったん蓋を閉めてお楽しみください」と意味深な注意を伝えた後、「抱きしめてシュヴァルツ」が始まると、曲中にギターの喜矢武豊は子供用プールの中で超ビッグサイズの“味の素”を振りかけてスイカの早食いを開始。ELTファンだと自ら豪語していたドラムの樽美酒研二は、用意してきたELT看板を得意げに広げると、文字が“Every Little hing”に(苦笑)。すぐさま樽美酒はズボンを脱ぎ、黒いTバックをはいたお尻を突き出して足りなかった“T”の文字を作るなど、観客たちは彼らの仕込んだ“ネタ”に大爆笑。最後はヒット曲「女々しくて」でスタジアム全員を踊らせ、見事な一体感を作り上げていったところはさすが!エアーバンドの彼らにしかできない、どこまでも身体を張った本気のエンタテインメントショーで5万人を魅了した。

ブレイクタイムをはさんで、韓国のガールズグループ「f(x)」からスタート。アンバー、ルナ、クリスタルの順番に千鳥格子のエレガントな衣装に身を包んだメンバーが1人ずつ舞台下からリフトアップしてくると、場内には「可愛い!」という声が響き渡る。凛とした表情でハードなエレクトリックサウンドを踊る「Red Light」で幕を開けたあと、クリスタルがa-nationに初登場した感想を「こんな大きなステージに立ててうれしいです」と告げる。続いて始まった「Pinocchio」は日本語バージョンで歌唱、「All Night」では曲の最後にルナとアンバーがクリスタルを抱き上げるパフォーマンスを見せ、f(x)ならではのエキゾチックなヒットチューン「RUM PUM PUM PUM」で観客たちをヒートアップさせていった。アンバーが「最後はこの曲で熱く締めくくりたいと思います」と告げ、ラストはサマーダンスチューン「Hot Summer」を楽しそうに歌い、ステージを後にした。

15のカウントダウンから爆発音の特効を合図に、「a-nation!」と叫びながらステージに駆け出してきたのは、現在15周年イヤー真っ最中の倖田來未。2年ぶりの出演となる今回は、生バンド+DJ+男女混合編成のダンサーを引き連れての登場。「UNIVERSE」でダンサーとともにダイナミックなアクトを見せると、ステージがとたんに華やかに!着ていたデニムジャケットを脱ぎ捨て「IS THIS TRAP?」ではタオルをグルグル回しながら腹筋全開で大胆に肌見せ。最先端のクールなダンストラックに仕上げた「め組のひと」のカバーでは、観客に“め”を大合唱させるなど、場内はたちまち倖田のペースに。「みんな元気な声出せんの?まだいけんの?」と煽った後はコール&レスポンスで客席と声でつながり、会場内はさらにエキサイト。「BRING IT ON」「BE MY BABY」などエモーショナルな歌声、男女のペアダンスなどを盛り込んだセクシーで見応えのある振り付け、ヒップホップやロックを融合したエッジーなダンスビートなどでポテンシャルの高いパフォーマンスを次々と繰り出し、“QUEEN OF LIVE”の姿で観客を圧倒した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング