Fantagioと女優カン・ハンナ、「専属契約は有効」との仲裁判定… 不公正性は認められず

Wow!Korea / 2019年2月25日 9時57分

Fantagioと女優カン・ハンナ、「専属契約は有効」との仲裁判定… 不公正性は認められず

韓国女優カン・ハンナ(30)と所属事務所の専属契約は「有効」との仲裁判定が下された。

25日、Fantagioは「去る22日、大韓商社仲裁院よりFantagioと女優カン・ハンナの専属契約を有効とする仲裁判定を受けた」と明らかにした。

大韓商社仲裁院の仲裁判定は裁判所の確定判決と同一の効力があり、不服が認められたないため今回の仲裁判定によりFantagioと女優カン・ハンナの専属契約は有効であると最終的に確定された。

大韓商社仲裁院側は「Fantagioは、カン・ハンナのためにマネジメント業務を誠実に遂行したとの点を認め、カン・ハンナ側が主張する契約解除事由は正当とは言えず、専属契約の不公正性を認めるのは難しい」とし、「契約コンプライアンスの原則に従い、専属契約を有効である」と判断した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング