【イベントレポ】藤井美菜、イ・ミンギ×ソ・ヒョンジン主演ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」の面白さにハマる! 「まんまと心を奪われてしまいました」

Wow!Korea / 2019年10月17日 17時32分

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」のDVD発売&レンタル開始を記念しておこなわれたトークショーに登壇した藤井美菜

“ロマコメ王子”イ・ミンギד次世代ラブコメ女王”ソ・ヒョンジン主演の韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」のDVD発売&レンタル開始を記念し、10月16日(水)東京・韓国文化院ハンマダンホールにて、トークショーと特別試写会が行われ、日韓で活躍する女優の藤井美菜がゲストとして登壇。MCの古家正亨と共に、ドラマの魅力や韓国ドラマの現場などについて語った。

本作は、月に一度だけ姿形が全く別人になってしまうスター女優ハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)と、人の顔を認識できないエリート御曹司ソ・ドジェ(イ・ミンギ)が、運命のような恋に落ちていくロマンチック・ラブストーリー。回を追うごとに視聴者を虜にし、最終回の視聴率は初回の2倍以上を記録!さらに、TV話題性ドラマ部門(グッドデータ・コーポレーション調べ)で1位を獲得し、出演者部門でもイ・ミンギとソ・ヒョンジンが1、2位を独占するなど、“最旬ドリームカップル”が紡ぐ、胸キュンシーン満載の奇跡の物語にハマる人が続出した。

藤井も「設定が非現実的なので、どうなんだろうって思ったんですけど、まんまと心を奪われてしまいました」とすっかりハマったそうで、イ・ミンギ演じるソ・ドジェについては「女性はギャップ萌えがあるじゃないですか。だから、初めは冷たく見えて、人間味がないなって思ったんですけど、ちょっとずつ可愛らしい部分が見えてきて、そこから心がキューンって奪われてしまいましたね(笑)」とツンデレぶりに魅了された様子。ソ・ヒョンジン演じるハン・セゲについては、「礼儀知らずの高慢な女優さんなのかなってところからスタートするんですけど、体が変わってしまうという弱みを持っていて、本当はすごく魅力的で優しくて、心の温かい女優さんなんだなって感じました。そこから感情移入が始まって、“2人がうまくいきますように”っていう視線で見ていました」と一視聴者として、楽しんで見たという。

本作は、大ヒット映画「ビューティー・インサイド」を原作にしているが、ドラマ版では、姿が変わる設定を男性から女性へと変更し、男性主人公にも人の顔が認識できないというオリジナルの設定をプラス。藤井は「映画では男性役が毎日変わるので、相当な数の役者さんが出演されていたんですよ。だから、ドラマ化されるって聞いたとき、韓国中の役者さんが出演しなきゃいけないんじゃないか?って(笑)。でも、うまいこと設定を変えられていて、女性の固定のキャラクターがいることによって、感情移入もしやすくなっていましたし、ドラマならではの魅力的な設定だなと思いました」と役者らしい目線での感想も。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング