1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

<Wコラム>BoAに見る音楽カルチャー20年の変化

Wow!Korea / 2021年7月15日 11時53分

<Wコラム>BoAに見る音楽カルチャー20年の変化(画像提供:wowkorea)

世界で躍進する韓国のアーティストたち。私にとってはその原点といえるBoAがことし、日本デビュー20周年を迎えた。2001年、日本に降り立ちJ-POPのソロアーティストとして活動を始めた彼女が、息長く愛されつづける理由とは。日本デビュー20周年となる5月30日に公開された「BoA JP 20th - THE PROLOGUE -」を機に、数々の記録と本人の言葉、そして私のK-POPライターとしての遍歴とともに振り返ってみたい。

「白羽の矢」

いまも鮮烈に心に刻まれている。躍動的なトラックにのせたパワフルなダンス、大人びた表情の堂々としたステージが終わった時にふと見せるあどけない笑顔。2001年、BoAをテレビで初めて見た時の印象は強烈だった。「ID;Peace B」で日本デビュー。インターネットの環境があたりまえになりはじめた世の中に生きる同世代の若者たちの気持ちを代弁した曲で、新たな時代の到来を告げた彼女は、わずか14歳だった。韓国の音楽市場がそれほど大きくなかった当時、本格的に海外に進出するアーティストとして、SMエンタテインメントが白羽の矢を立てたのがBoAだったのだ。

思い返せばまだK-POPという概念さえなかった時代。わたしは1990年代半ばソウルに留学して「ソテジワアイドゥルに」衝撃を受けて以来、現地で音楽番組を観覧したり、帰国後も旅行のたびにアルバムを手に入れたりするなど、韓国音楽ウォッチを続けてきた。90年代の日本では韓国の音楽といえば、アンダーグラウンドの世界(実際に地下の小ぢんまりとしたホールで来日ライブが行われることも多かった)。2000年代に入り、韓国でアイドルの元祖といわれた5人組ボーイズグループ「H.O.T.」が日本でリリースしたオリジナルアルバムを買い、6人組ボーイズグループ「SHINHWA」がZEPP TOKYOで行ったライブに参戦しながら、ファン層がじわじわ広がっていくのを感じていた。

そんななかBoAは2002年、日本初のフルアルバム『LISTEN TO MY HEART』で、オリコンで初登場1位を記録。J-POPの歌姫として、一気に表舞台に躍り出た。

「涙」

日本行きが人生で初めての飛行機だったというBoA。彼女は、20周年を記念した映像作品「BoA JP 20th -THE PROLOGUE-」で、こう語っている。

「日本デビューは冒険だったけど、やりがいのある冒険だった。韓国から離れるのは慣れておらず、ホームシックもあった。経験がないからこそ、そこからくる大変さもありました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング