1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【公式】チョン・ジヒョン&チュ・ジフン、新ドラマ「智異山」…10月23日初放送ティーザー映像公開

Wow!Korea / 2021年9月23日 9時51分

【公式】チョン・ジヒョン&チュ・ジフン、新ドラマ「智異山」…10月23日初放送ティーザー映像公開

韓国のケーブルチャンネルtvN土日ドラマ「智異山」(脚本キム・ウンヒ 演出イ・ウンボク)側は、10月23日初放送の決定と共に2次ティーザー映像を公開した。

「智異山」は智異山国立公園最高のレンジャー(森林警備官)ソ・イガン(チョン・ジヒョン)と、誰にも話せない秘密を持つ新人レンジャーのカン・ヒョンジョ(チュ・ジフン)が山で巻き起こる謎の事故を避けながら繰り広げていくストーリーを描いたミステリードラマだ。

キム・ウンヒ作家、イ・ウンボク監督、チョン・ジヒョン、チュ・ジフンというドラマファンなら逃すことのできない作家、監督、俳優陣の組合せで話題作である中、2次ティーザー映像を通じて興味津々な見どころを予告し更なる注目を集めている。

まず智異山を守る最高のレンジャーであるソ・イガンが「御命(王の命令)です〜」という力強い叫びと共に、愉快な登場を知らせる。突然可愛らしいウィンクをするかと思えば派手な羽毛マフラーを巻いたまま歌を歌う場面は、それこそどこに行ってしまうのかわからないような彼女の魅力を垣間見せている。

また、同僚たちから“山の幽霊だ”と呼ばれるほどに山をよく知りながらも 「私は山はうんざりよ!」とシラを切るソ・イガンが、一体どんな性格と事情を持った人物なのか、期待値が高まっている。

そんな彼女の横にピタリとくっつく新入りレンジャーのカン・ヒョンジョは「僕達が誰なんですか。智異山の針と糸ではないですか」とパートナーシップの誇りを共に、山を守り遭難者らを救護する二人の呼吸にも好奇心が高まる状況だ。

しかし突然二人を探す無線機の音と「遭難だ」という事件発生の知らせは雰囲気を瞬間で覆す。“この世とあの世の境界線”を行き来するかもわからない遭難者らと、遭難者らを探し助けるために慌ただしく山を登るソ・イガンとカン・ヒョンジョ、2人の切迫する表情は今から手に汗を握ってしまうほどだ。

特に携帯電話の上に落ちた血痕、黒の手袋をはめた手、倒れた誰か等、意味深い姿らと同時に「誰かがあの山の上で人を殺している」という不気味な言葉が続き、深い緊張感が漂う。一体智異山で巻き起こる死の内幕にはどんな真実が隠されているいるのか、単純な”遭難”として説明できないまた別の誰かが存在するのか、好奇心を刺激している。

「智異山」は 10月23日午後9時に初放送予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング