英外相、香港国家安全法支持のHSBCを批判

ロイター / 2020年7月2日 9時54分

7月1日、英国のラーブ外相は、中国政府が香港の統制を強める国家安全維持法を支持している英HSBCホールディングスなどの金融機関を批判した。仏ラデフォンスのHSBC支店前で5月撮影(2020年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[ロンドン 1日 ロイター] - 英国のラーブ外相は1日、中国政府が香港の統制を強める国家安全維持法を支持している英HSBCホールディングス などの金融機関を批判した。

英米の有力議員らは6月、HSBCと英スタンダード・チャータード が中国が制定方針を採択した香港国家安全法に支持を表明したことを受け、両行を批判した。

ラーブ外相は英議会で「HSBCと各行に関して、私は立場を明確にしてきた。香港の人々の権利と自由、そして香港の人々に対して英国人が果たすべき責任を、銀行員のボーナスのために犠牲にすべきではない」と訴えた。

HSBCの広報担当はコメントを控えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング