1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ジョージ・フロイドさん死亡事件、元警官に有罪評決 殺人罪など

ロイター / 2021年4月21日 12時48分

 米ミネソタ州ミネアポリス近郊で昨年5月に黒人男性のジョージ・フロイドさんが拘束時に死亡した事件の裁判で、起訴された元警官のデレク・ショービン被告(45)に対し、陪審団は20日、第2級殺人などで有罪評決を下した。ミネアポリスのジョージ・フロイド・スクエアで撮影(2021年 ロイター/Adrees Latif)

[ミネアポリス 20日 ロイター] - 米ミネソタ州ミネアポリス近郊で昨年5月に黒人男性のジョージ・フロイドさんが拘束時に死亡した事件の裁判で、起訴された元警官のデレク・ショービン被告(45)に対し、陪審団は20日、第2級殺人などで有罪評決を下した。

12人の陪審員は、目撃者や警察関係者、医学専門家など45人による3週間にわたる証言を検討した。陪審団は第3級殺人と第2級過失致死の罪も認定した。

ショービン被告は昨年5月25日、食料品店で偽札を使った疑いでフロイドさんを同僚警官3人と拘束しようとした際、9分以上にわたりフロイドさんの首を膝で押さえ付けて死亡させ、その様子を録画したビデオが広まった。被告側は無罪を主張していた。

フロイドさんの死をきっかけに、米国内だけでなく世界中で人種差別や警察による暴力行為に対する抗議活動が行われた。

バイデン大統領は国民向けテレビ演説で「これは白昼に行われた殺人であり、制度的な人種差別を世界の目にさらした」と強調。有罪評決について「米国の正義に向けて大きな一歩になり得る」と述べた。

評決が出されると裁判所の前に集まった数百人からは歓声が上がった。全米各地でもクラクションを鳴らすなどして喜びを表す人の姿がみられた。

ジョージ・フロイドさんの弟フィロニスさんは家族と記者会見を開き「私たちは再び息ができる」と安堵の気持ちを述べたが、正義を求める闘いは終わっていないと強調し、「果てしない連鎖」を断ち切るために抗議する必要があると語った。

ミネソタ州の判決指針によると、初犯の殺人罪には12年半の禁錮刑が科せられるが、判事が加重要素があったと判断すれば、検察側は最高で40年まで求刑できる。

法律専門家によると、被告側は控訴する公算が大きい。フロイドさんの死に関する報道や、フロイドさんの遺族が起こした民事訴訟の和解が陪審団の判断に不当な影響を与えたと主張するとみられる。ただ、勝訴の可能性はほぼないという。

弁護団は控訴する場合、60日以内に裁判所に通知する必要がある。

遺族が起こした民事訴訟で、ミネアポリス市は先月、遺族に2700万ドルを支払うことで和解。同時期に公判の陪審員選びが行われていたため、被告の弁護人は、陪審員候補が不当な影響を受ける可能性が高いとの懸念を示していた。

弁護人は民事訴訟での和解を理由に公判の延期を要請したが、判事は3月19日にこれを却下。被告側はこの判断を控訴の根拠に挙げる可能性が高い。

*大統領のコメントなどを追加しました

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング