1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

米石油・ガス業界は「力強く」拡大=ダラス地区連銀調査

ロイター / 2022年6月24日 11時7分

米ダラス地区連銀が23日公表した米南西部(テキサス、ニューメキシコ、ルイジアナの3州)の石油・ガス会社幹部に対する四半期調査で、供給制約やコスト上昇にもかかわらず、企業活動が「力強い」ペースで拡大していることが分かった。写真は、テキサス州の原油貯蔵タンク。2019年11月22日に撮影。(2022年 ロイター/Angus Mordant)

[23日 ロイター] - 米ダラス地区連銀が23日公表した米南西部(テキサス、ニューメキシコ、ルイジアナの3州)の石油・ガス会社幹部に対する四半期調査で、供給制約やコスト上昇にもかかわらず、企業活動が「力強い」ペースで拡大していることが分かった。

調査は3州の探査・生産企業85社と油田サービス会社52社の幹部を対象に6月8─16日に実施。活動指数は6年ぶりの高水準となった。

ただ、企業は供給網の問題が事業に悪影響を与えていると説明し、大半は問題が改善するのに1年以上かかるとの見方を示した。

第2・四半期に供給業者からの納入時間を示す指数は過去最高を記録。コストは6四半期連続で上昇した。油田サービス会社の投入コスト指数は前期の77.1から88に上昇し、過去最高を更新した。

幹部の約66%は油井管などの供給不足が解消するまでに1年以上かかると回答。労働力不足と供給制約が先行きに不透明感をもたらしているとした幹部は全体の約半分を占めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください