【超早レシピ】わずか1分でできる和風ジェノヴェーゼソースとは?

ANGIE / 2016年3月23日 19時0分

siso

パスタの定番・ジェノヴェーゼソースといえばバジルと松の実で作るものですが、材料費が少しかかってしまいますよね。実はスーパーで手軽に買える、大葉とカシューナッツで和風ジェノヴェーゼソースが作れるんです!

パスタに和えたり肉にかけて焼くのはもちろん、グラタンに使ったり、餃子の皮をピザ風にアレンジしたりと、いろいろな使い方ができます。

ヘビロテ間違いナシの 和風ジェノヴェーゼソースレシピをご紹介します。

 
ミキサーで混ぜるだけ!和風ジェノヴェーゼソースの作り方
jenove2

Photo by Otonaka Sara


和風ジェノヴェーゼソースはまとめて作り置きして。冷蔵庫なら煮沸消毒した保存容器に入れて3日程、冷凍庫なら約1か月は保存できますよ! 大さじ1ずつに小分けしてラップで包んで冷凍すれば、使いやすいのでおすすめ。

冷凍してもおいしさを長持ちさせる秘訣は、空気が入り込まないようにすること。空気が入ってしまうと霜ができてしまい、解凍したときに水っぽくなる原因に。しっかりラップで密閉させ、さらに保存袋に入れて冷凍しましょう。

【材料】(作りやすい分量)

大葉・・・約60g


塩・・・2つまみ


粉チーズ・・・適量


A カシューナッツ・・・約70g


A にんにく・・・1片(もしくはにんにくチューブ小さじ1)


A オリーブオイル・・・200ml


【作り方】

1. 大葉を1㎝幅に刻みます。包丁を使わずに手でちぎってもOKです。手でちぎる場合も1㎝幅ほどに。

2.1とAをミキサーに入れなめらかになるまで撹拌します。味を見て塩を加え、さらに撹拌して味を調えます。

混ざりにくい場合は一度ミキサーの運転を止め、ヘラなどで混ぜて。

3.より日持ちさせるために、粉チーズは食べる際に適量を混ぜます。

 
ジェノヴェーゼソースを使ったパスタ
1.一食分あたりジェノヴェーゼソース大さじ1〜2、粉チーズ小さじ1〜2をフライパンに入れて弱火にかけ、焦げないように混ぜながら温めます。

2.ソースがふつふつとして香りが立ってきたら、パスタ100g(袋に記載されている茹で時間よりも1分程短く茹でたもの)を、水気をしっかり切ってからフライパンに入れてソースと和え、味が全体に絡んだら皿に盛り付けましょう。

お好みで、ジェノヴェーゼソースを温める際に鷹の爪(輪切り適量)を加えてもおいしいですよ。

ジェノヴェーゼソースを冷凍した際は、食べる30分〜1時間前に冷蔵庫に入れて解凍するか、電子レンジで20秒ほど温めて解凍してから使いましょう。

解凍したソースをフライパンで温める際に伸びが悪い場合は、オリーブオイルを大さじ1ほど加えると伸びがよくなり、パスタと絡みやすいですよ。

 
残った餃子の皮×和ジェノヴェーゼソースで一口ピザ
サイズダウン

Photo by Otonaka Sara


余りがちな餃子の皮を活用すれば、即席一口ピザもできます。ジェノヴェーゼソース、粉チーズを適量かけてオーブントースター(もしくは魚焼きグリル)でこんがりと焼き目が付くまで3分程焼くだけ。おつまみにもぴったりです。

バジル顔負けの爽やかな香りとほろ苦い味は、癖になること間違いなし! ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング