業界初!医学部予備校・四谷メディカル、通学する予備校・塾の下取システムを開始 医学部入学のための個別の奨学金制度も

@Press / 2019年7月30日 10時30分

メディカル・ソリューション株式会社が運営する医学部予備校・四谷メディカル(ホームページ: https://yotsuya-medical.com )は、業界初!現在通学する予備校・塾の下取システムを開始、さらに医学部入学のための個別の奨学金制度を募集開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189636/LL_img_189636_1.png
授業風景

1. 医学部予備校業界初! 現在通学する予備校・塾の下取システムを開始!
「医学部に来春合格したいが、現在通っている予備校では心配」、と考えてもすでに受講料を収めたのでやめるにやめられないという受験生を支援するために、メディカル・ソリューション株式会社が運営する医学部予備校・四谷メディカルでは、医学部予備校業界では初めて、現在通学する予備校・塾の受講料(残期間)下取システムを開始しました。
受験生の「今年度医学部合格」を支援するために、現在通う予備校・塾の受講料を下取り医学部予備校・四谷メディカルへの編入をバックアップするというものです。

<下取システムの内容>
○前の予備校を退学して返還金が発生する場合はその額
○返還金が無い場合は最低保証額として50万円(形式として四谷メディカル側が受領)
○受講料は原則として、経過期間を月割りで納入
○入学金、施設費は正規の形で通常納入


2. 医学部入学のための個別の奨学金制度を募集開始!
憧れていた医学部に合格したとしても、今度は金銭的な問題が発生してきます。入学金や授業料など…様々な費用負担が保護者にのしかかります。
メディカル・ソリューション株式会社が運営する医学部予備校・四谷メディカルでは、令和2年度より私立大医学部を視野に入れた医学部入学者の入学金・授業料を目的とした奨学金制度の募集を開始する予定です。
この奨学金制度は医師不足が深刻な主に地方の病院や後継者育成に頭を抱える病院の経営者が一定期間の勤務を条件にして医学部合格者に対して医学部入学金・授業料などを個別に貸与するもので、条件等は同四谷メディカルが仲介して医学部入学者と病院の利益にマッチするように進めていくというものです。
医学部受験生は事前に登録することで合格の際に貸与可能な病院の紹介を受けることができます(登録には本校への入学が必要です)。賛同する医療機関の募集も間もなく開始となります。


■四谷メディカルの合格実績
「聖マリアンナ医科大学正規合格」「北里大学医学部正規合格」
「東邦大学医学部正規合格」「日本医科大学医学部正規合格」
「東京女子医科大学医学部正規合格」「東京医科大学医学部正規合格」
「久留米大学医学部正規合格」「東海大学医学部正規合格」
「日本大学医学部正規合格」「慶應義塾大学医学部補欠」
「近畿大学医学部補欠合格」「東京女子医科大学医学部補欠合格」
「岩手医科大学医学部補欠合格」「昭和大学医学部合格」
「北里大学医学部補欠合格」

予備校名 : 医学部予備校・四谷メディカル
所在地 : 東京都千代田区二番町11-6 番町YMビル1階
電話 : 03-6261-7007
学院長 : 杉崎 智介
ホームページ: https://yotsuya-medical.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング