店舗を持たない飲食事業者の展示会「新しい食の体験博覧会」を11/26に吉祥寺で開催

@Press / 2019年9月26日 10時30分

株式会社マネジメントブレーン、株式会社ネクストローカル、一般社団法人フラットデザイン(いずれも東京都武蔵野市)は、11/26(火)、創業支援施設i-dream吉祥寺にて、店舗を持たない飲食事業を展開する事業者を集めた「新しい食の体験博覧会」を開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194198/LL_img_194198_1.jpg
レタスをテーマにした食の祭典「アオムシナイト」


【新しい働き方を実現するためのコミュニティと創業講座】
新しい時代に沿った飲食ビジネスの可能性をひろげるために、事業者同士の繋がりや協業を生むためのコミュニティをつくる機会として「新しい食の体験博覧会」を開催します。そして、さらなる新しい事業の担い手を育成する「店舗をもたない飲食創業講座」も同時に開催し、事業が育まれる創業プラットフォームの構築を目指します。


【外食産業におこっている大革命】
アプリの登録で誰でも配達員になれる「UberEATS」が快進撃を進めています。東京では「個人配達員」の登録が1,000人を超え、飲食店が自分で配達リスクを負わなくても事業所外収入が容易に得られようになりました。その新しい収益構造から、客席を持たない「ゴーストレストラン」という形態も珍しくなくなり、客席がなくてもいいので、人通りの多い場所に出店するという飲食事業の前提が大きく変化しています。


【店舗を持たない料理人たちはシェアキッチンに集う】
店舗を持たない食の事業者のシェアオフィスともいうべき「シェアキッチン」が武蔵野で人気を博しています。シェアキッチンMIDOLINO_(ミドリノ)は、三鷹駅から遠くバスで10分ほどかかる、暮らしの真ん中に位置しますが、毎日違う人がランチ営業したり、25名ほどのメンバーがキッチンをシェアしています。


【新しい価値をつくるクリエイターたち】
マルシェで売り切れなかった野菜を即興で調理して食べる「ハッピーエンドロールパーティー」、自分でオリジナルのカクテルをデザインして楽しめる「プログラミングバー」、食材の旨みを極限ひきだす「塩しか使わない料理」など、厨房から飛び出して、食の新しい価値を提供するクリエイターが登場しています。


■イベント概要
イベント名称:店舗を持たない飲食事業者の展示会「新しい食の体験博覧会」
会場 :創業支援施設 i-dream吉祥寺
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目12-5 スプリングハウスビル2F
日時 :11/26(火)18:30-21:00
入場料 :一般 ¥4,000
i-office会員、i-dream正会員、アイオフィス会員等は値引きあり
※詳細はお問い合わせをご覧ください
主催 :株式会社マネジメントブレーン
株式会社ネクストローカル
一般社団法人フラットデザイン(シェアキッチンMIDOLINO_)
後援 :創業支援センターTAMA
むさしの創業サポートネット


■お問い合わせ先
株式会社マネジメントブレーン
担当者 : 廣瀬 訓子
電話番号: 0422-27-2323


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング