フレッシュジュースが川越で手軽に味わえる!自慢のトマト・いちごを使ったフレッシュ・ジュースバー『@FARM Style』が7月9日(木)10:00~グランドオープン!

@Press / 2020年7月1日 10時0分

店舗外観
2017年11月より農業に新規参入し、トマトを中心とした農産物を生産・販売を開始。2019年12月には、飲食店「@FARM Cafe」をオープンした@FARM(運営:三共木工株式会社、代表取締役:森田 精一郎、所在地:埼玉県川越市今福)が、グループ会社、株式会社アットファーム(代表取締役:森田 精一郎、所在地:埼玉県川越市今福)を設立。
産地直送の農産物を使用したフレッシュ・ジュースバー「@FARM Style」を2020年7月9日(木)10時~オープンいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217491/LL_img_217491_1.jpg
店舗外観

◎ @FARM Style
■店舗概要
店舗名 :@FARM Style(アットファーム スタイル)
営業時間:7:00~20:00
所在地 :埼玉県川越市脇田本町8-1(U_PLACE 1F)
電話 :049-265-8681
メニュー:フレッシュジュース、サンドイッチ、フルーツサンド、
コーヒー、ジェラート等

■駅直結複合施設内でアクセス抜群!新鮮で安心・安全を手軽に
@FARMの農産物は素材本来のおいしさを最大限に引き出し、安心・安全にこだわり栽培しています。@FARM Styleでは厳選した獲れたてのいちご・トマトをふんだんに使用したフレッシュジュースや、新鮮野菜をそのまま味わえるサラダ、見た目もボリュームも大満足なサンドイッチやフルーツサンドを提供します。
また、川越駅西口に直結した複合施設内なので、観光はもちろん、朝の忙しい通勤・通学などの合間でも手軽に『健康でおいしい』をお届けします。
アクティブに活動されている方はもちろん、お子様がいらっしゃるご家族にも「美味しく・楽しい」@FARM Styleの商品を食べていただきたいと存じます。

【フレッシュジュース】
https://www.atpress.ne.jp/releases/217491/img_217491_2.jpg
【サンドイッチ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/217491/img_217491_3.jpg

■地元川越のグリンコーヒー【glin coffee】の焙煎豆を使用したコーヒーを提供
@FARM Styleでは提供するコーヒーにもこだわっております。
地元川越で焙煎したコーヒーを販売されている、グリンコーヒー【glin coffee 株式会社Bridge 代表取締役 大谷 周平 埼玉県川越市元町】とコラボレーションし、弊社商品に合うコーヒーを提供いたします。
コーヒー豆を知り尽くしたグリンコーヒーの焙煎士が@FARMの「美味しく・楽しい」という理念に共鳴され、多くのお客様に美味しいコーヒーを知って頂きたいとの思いを共有し焙煎したコーヒーです。
しっかりしたコクとキレの良い後味のアイスコーヒーや、濃厚で旨味のあるエスプレッソに甘味の強い牛乳を合わせたアイスカフェラテをご賞味いただけます。

【glin coffee × @FARM】
https://www.atpress.ne.jp/releases/217491/img_217491_4.jpg
【グリンコーヒーの焙煎士】
https://www.atpress.ne.jp/releases/217491/img_217491_5.jpg


◎ @FARMの農産物
■昔食べた懐かしい味がするトマト『KOEDO TOMATO-美咲-』
@FARMのトマトは土中の菌を酵素の働きで活性化し、健康に育てることで、栄養が豊富で、トマト本来のおいしさを味わえるトマトです。
旨味、甘味、酸味のバランスがよく、濃厚でお客様からは「昔食べたトマトの味がする」と評価を得ています。

■芳醇な香りが特徴のいちご「KOEDO ICHIGO陽香-haruka-」
@FARMで作るいちごもトマトと同じ栽培方法でひとつひとつ精魂込めて作り上げています。品種は『とちおとめ』。小江戸川越の地で、太陽の光をたくさん浴びて育ち、甘くて濃厚で芳醇な香りが特徴なことから「KOEDO ICHIGO 陽香-haruka-」と名付けました。
そして、ただ甘いだけではなく、いちご本来が持っている濃い甘酸っぱさがしっかりと詰まっているので飽きることなく何個でも食べられます。
土壌中の微生物の力を借りていちごが病気になりにくいようにしているので、農薬はほとんど使いません。また、酵素を上手に使って栽培しているので、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。

■土壌の微生物と共生する「プロバイオシス農法」
土の中の生物を阻害するのではなく、細菌や微生物と共生し、植物本来の力を引き出し病害虫に強い健康な植物を育てる農法です。
土の中にはたくさんの微生物や細菌がいて、それらは酵素を作り出し、植物が水や肥料を吸いやすい環境を作り、健康で元気に成長することを促します。そして、健康な植物は害虫を寄せ付けなくし、農薬に頼らずに立派に成長していきます。

■統合環境制御ハウス「グリーンハウス」
@FARMでは農業先進国オランダ型の統合環境制御システムにより、太陽光・水・風・温度・湿度・二酸化炭素・酵素肥料のすべてをICT技術で自動管理しています。
これにより、作物が光合成を最大化できる最適な環境を整え、高収量を実現しています。


◎ @FARMのこれから
■今後の展開
2018年9月からはじめたいちご栽培も順調に進み、2019年9月には新たにいちごハウスを増設し、計約3,800平方メートルの2棟体制でいちご狩りを開園しました。
川越市内観光と併せていちご狩りが体験できる市内でもトップクラスを誇るいちご狩り施設となり、2020年は新型コロナウイルスの影響により1月~3月までの短期間でしたが、約8,000名のお客様にご来園いただきました。
2018年5月に開業した弊社農産物直売所「@FARM farmers market」に引き続き、2019年12月には農園内に農園カフェである「@FARM cafe」を開設いたしまして、弊社の生産した採れたての野菜を使用したメニューをご提供しております。
近隣の方々は勿論、いちご狩り等の収穫体験をなさったご家族やグループの方々もご利用いただきました。
現在はいちごハウスを利用してメロン栽培を行い、9月には直売所やカフェでも新メニューを提供予定です。
引き続き、地球環境に配慮し、トマト栽培で利用した土をリユースした形で自動潅水と暖房完備のみの簡易型ハウスで夏はキュウリ、冬は春菊、小松菜の栽培を行っていきます。
その他にも、2019年より本格的に、露地栽培にも開始。人参やサツマイモ、じゃがいも、更に果樹(シャインマスカット・藤稔・キウイ)の栽培をはじめております。

遊休農地も積極的に借受、現在の事業面積は約3.3haに拡大。観光農園そして、日常生活に欠かせない健康を提供できるジュースバーまで、食に携わる全てに安心・安全を伝えていきたい思いで、邁進してまいります。


■会社概要
[@FARM Style事業 運営会社]
会社名 : 株式会社アットファーム
所在地 : 〒350-1151 埼玉県川越市大字今福2776番地2
設立 : 2018年
代表 : 代表取締役 森田 精一郎
事業内容: 農業事業、ジュースバー運営
URL : https://www.at-farm.co.jp/

[農業事業 運営会社]
会社名 : 三共木工株式会社
所在地 : 〒350-1151 埼玉県川越市大字今福2776番地2
設立 : 1946年(創業:1917年)
代表 : 代表取締役 森田 精一郎
事業内容: 段ボール製品製造販売、農業事業、貸倉庫業、自動車教習所運営、
書店運営、教育・学習塾運営
【グループ会社】ガソリンスタンド運営、プロパンガス事業、タクシー業
URL : http://www.sankyo-mokko.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

フレッシュジュース 穫れたて野菜たっぷりサンドイッチ @FARMとグリンコーヒーのコラボ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング