【星野リゾート 界】~地元の温泉旅館で魅力を再発見、安心に楽しめる旅~界の静岡県内3施設「秋のマイクロツーリズム」|情報対象期間:2020年9月1日~11月30日

@Press / 2020年9月7日 15時0分

界 伊東 足湯

静岡県内に位置する星野リゾートの小規模な温泉旅館「界 アンジン」、「界 伊東」、「界 遠州」は、Withコロナ期における旅のあり方として、「マイクロツーリズム」を推進し、さまざまな取り組みを展開します。遠方や海外をイメージする「旅」に対して、あえて近距離圏内を訪れる「マイクロツーリズム」では、静岡県の良さにあらためて触れて愛着を感じたり、新たなお気に入りを見つけたりできるなど、今までにない気付きに満ちた旅を楽しむことができます。3密回避や衛生管理が徹底的に行われた安心な温泉旅館に宿泊し、地元ではおなじみの食材を使った会席料理の一品、毎日各施設で開催される「ご当地楽」などのおもてなしを通じて、地元を再発見できる1日を過ごせます。また、気軽な利用促進のため、静岡県民限定の「地元限定プラン」や純粋に温泉だけを楽しむ、食事がつかない「温泉休息プラン」をあわせて販売しています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/1JKcCVpveacM1qvyiyaL.jpg
界 伊東 足湯


<界3施設へのマイクロツーリズムの見どころ>


~2020年秋~


1.ご当地楽「青い目のサムライ紀行(界 アンジン)」「椿油づくり(界 伊東)」「涼茶体験(界 遠州)」
2.ご当地部屋「按針みなとの間(界 アンジン)」「伊豆花暦の間(界 伊東)」「遠州つむぎの間(界 遠州)」
3.会席料理の一品
4.秋のおもてなし


<界 アンジン 詳細情報>


1 ご当地楽「青い目のサムライ紀行」


画像 : https://newscast.jp/attachments/BO4ItiX2LQQ43YK1Vpo2.jpg


「青い目のサムライ」と呼ばれ、日本初の西洋式帆船を伊東の地で造船した英国人航海士・三浦按針(ウィリアム・アダムス)。この由来にちなみ、界 アンジンでは、三浦按針の生きた時代や当時の航海の知恵を伝える体験プログラム「青い目のサムライ紀行」をおこないます。按針が日本に来た経緯や、「サン・ブエナ・ベントゥーラ号」の造船の歴史をストーリー仕立てのショートムービーで紹介します。


2 ご当地部屋「按針みなとの間」


画像 : https://newscast.jp/attachments/wxscnlsgjb2zIQdOw5qr.jpg


全45室がオーシャンビュー。客室ごとに船にまつわるアートワークが飾られています。かつて航海で使われていた舵(かじ)や櫂(かい)などを取り入れたアートワークが船旅へのロマンをかきたてます。目の前に広がる海を眺めながら時間を忘れ過ごすことができます。


3 会席料理の一品 先付「烏賊メンチ南蛮漬け」


画像 : https://newscast.jp/attachments/AmoIou01XOLKSCJP2ySt.jpg


地元でも親しまれている「烏賊メンチ」を会席料理の先付にふさわしい姿に変身させました。刻んだ烏賊とすり身に、すりおろした長いもを加え、より柔らかく仕上げました。油で揚げた後、香味野菜とともに特製の南蛮地(甘酢)に漬け、甘酸っぱい風味を味わえます。南蛮地がよくしみ込んだ、新しい「烏賊メンチ」の魅力を楽しめる一品です。


4 秋のおもてなし


■特別会席「伊勢海老と金目鯛のブイヤベース」


画像 : https://newscast.jp/attachments/eRfNbGL3BTBGVvfBB6RN.jpg


海の幸が豊富な伊豆エリア。界 アンジンでは、秋の特別会席にブイヤベースを提供しています。具材には伊勢海老、金目鯛、あさりなどを取り入れています。出汁の旨み、魚の旨みを存分に味わえる一品です。


<界 伊東 詳細情報>


1 ご当地楽「椿油づくり」


画像 : https://newscast.jp/attachments/CdHbf30PBxLGH2gr4ULm.jpg


温暖な気候で椿の生育に適した伊東エリアは、冬になると沢山の椿の花を愛でることができます。その椿の種から絞った椿油は、江戸時代より食用や薬用、髪や肌のお手入れ用として親しまれていました。椿油は、伊豆地方からほど近い伊豆大島で生産が盛んに行われています。界 伊東では、この伝統的な椿油づくりを体験し、瓶に入れて持ち帰れます。


2 ご当地部屋「伊豆花暦の間」


画像 : https://newscast.jp/attachments/Eq8ymkDlAZEBrniWSm6J.jpg


館内の客室すべてが、伊豆の四季の草花をモチーフにデザインされたご当地部屋「伊豆花暦の間」です。客室入口では、地元の切り絵作家の協力により制作された二十四節気を表現する作品「木漏れ日行灯」がお出迎え。床の間飾りにも季節の花を表現した設えがあり、窓越しには四季を感じる中庭の景色を望めます。地元の染色家によって草花や木の枝から染め上げられた糸を使って、四季のうつろいを織り上げた「花暦スクリーン」も室内の見どころポイントです。


3 会席料理の一品 先付「明日葉と貝わさびのニューサマーオレンジジュレ」


画像 : https://newscast.jp/attachments/eGXGW9moLyJJmaBwykCB.jpg


地元おなじみの明日葉、ニューサマーオレンジを使い、新しい魅力を引き出す一品を提供します。古くは不老長寿の妙薬とされていた明日葉と、願い事が叶うと言われている巻貝であるアカニシ貝の、縁起の良い食材の組み合わせに、わさびを加えて和えました。伊豆柑橘の代表格である爽やかな酸味が清々しいニューサマーオレンジを、材料によくからむよう柔らかなジュレに仕立て、全体をよく混ぜて味わいます。


4 秋のおもてなし


■日本庭園でくつろぐひととき


画像 : https://newscast.jp/attachments/zTUeS8xVnfxTzc8FaxqK.jpg


界 伊東には、広々とした日本庭園があり、秋になると木々は色鮮やかに紅葉し、ツワブキ、イソギクといった草花も顔をみせます。日本庭園に面した「湯上がり処」で、趣のある石灯篭を眺めつつ、心落ち着くひとときを過ごせます。
紅葉時期:例年、11月中旬~12月中旬ごろ。


■秋の花暦を感じる温泉旅館


館内では、伊豆の秋をモチーフにした地元の作家の方々の作品を随所で楽しむことができます。エントランスに映し出される影絵、各階のエレベーター前や湯上がり処を彩る切り絵、トラベルライブラリーのつるし飾り、客室内の床の間飾り、大浴場内のハーバリウム飾りなど、心のこもった一つ一つの作品から、秋を感じ取ることができます。


<界 遠州 詳細情報>


1 ご当地楽「豊穣の秋を感じる熟成本山茶体験」


画像 : https://newscast.jp/attachments/qrxNp4rs5le9xi6SOOS5.jpg


日本一のお茶処、静岡県に位置する界 遠州では秋におすすめしたい熟成茶の楽しみ方を紹介します。熟成茶とは春に採れた新茶を夏の間寝かせ、秋に封を切ったお茶を指します。秋らしい深みのある味わいを楽しむことができます。


2 ご当地部屋「遠州つむぎの間」


画像 : https://newscast.jp/attachments/GOtHR7eYu4O0BvD4aoiD.jpg


全客室に江戸時代から浜松に伝わる伝統工芸「遠州綿紬(めんつむぎ)」を設えています。今では希少となった織物を作り続けている「ぬくもり工房」の作品で、障子やランプシェード、クッションなど、色鮮やかで温かみのある雰囲気が特徴的です。全室から浜名湖の眺望を楽しめ、いたるところにお茶のおもてなしが用意されています。


3 会席料理の一品 先付「鰻とアボガドの山葵和え」


画像 : https://newscast.jp/attachments/UbP3Zvyn8oHm72OnokiV.jpg


地域でも親しまれている鰻ときゅうりの酢の物は大変相性が良く、「うざく」と呼ばれています。そこで、界 遠州では鰻の蒲焼きと、角切りにしたきゅうりの浅漬けに、植物性の素材ながら鰻にも劣らぬ旨味とコクを持つアボカドを合わせました。そこに、まろやかな味を引き締めるため、米酢と山葵を加えます。従来の「うざく」とは趣の異なる味を楽しむことができます。


4 秋のおもてなし


■つむぎ茶畑の紅葉で深呼吸


画像 : https://newscast.jp/attachments/cTqfF2ev5LLEvyCr3tVw.jpg


界遠州の施設内にある「つむぎ茶畑」では、秋になると、お茶の木と交互に植えられたドウダンツツジが赤く色づき、遠州綿紬の縞柄模様のように、赤と緑のコントラストとなります。この時期だけ楽しめる界遠州の秋の風物詩です。早朝、ひんやりした空気の中で開催される「浜名湖茶摘み体操」では、気持ちよく深呼吸を行って、身体を目覚めさせることができます。


■秋を感じるお茶のおもてなし


滞在中の時間すべてで、お茶の魅力に触れていただきたい思いから、シーンごとに季節にあったお茶を提供している界 遠州。秋夜には、ジンをベースに秋の味覚である焼栗とほうじ茶を合わせカクテルを提供します。焼栗の甘みと焙煎した茶葉の香ばしい香りに包まれながら、秋の夜長を楽しめます。また、朝になると、秋を感じるフレーバーティーをご用意します。食欲の秋のせいで、ついつい食べ過ぎてしまった時にもおすすめしたいハーブを紹介しています。ハーブとお好みのお茶をブレンドして、お召し上がりいただけます。


<おすすめプラン>


1 マイクロツーリズムを推進するお得な割引料金「地元限定プラン」


期間    :2020年6月1日~2021年2月28日
料金    :19,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
*施設により料金は異なります
含まれるもの:宿泊、夕朝食(通常プランより15%割引)
予約    :施設公式サイトにて予約受付 [https://kai-ryokan.jp/features/microtourism/]{https://kai-ryokan.jp/features/microtourism/}


2 素泊まりでぶらっと利用推進するお手頃料金「温泉休息プラン」


期間    :2020年6月1日~2021年2月28日
料金    :13,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
*施設により料金は異なります
含まれるもの:宿泊(食事なし・宿泊のみ)、特典(お部屋呑みセット)
予約    :施設公式サイトにて予約受付 [https://kai-ryokan.jp/features/onsenkyusoku/]{https://kai-ryokan.jp/features/onsenkyusoku/}


3 界のお夜食「ご当地手まり寿司アソート」


画像 : https://newscast.jp/attachments/USwPr5XrBVsORbff8vRm.jpg


この秋、界ではお夜食として「ご当地手まり寿司アソート」を提供します。引き出しをあけると、色とりどりの手まり寿司がおさめられており、まるで宝石箱のようです。手まり寿司の寿司ネタは、全国の界施設のご当地グルメを彷彿とさせる取り合わせになっています。例えば、界 アンジンからは、「いかの炙り」、界 伊東からは、「金目鯛の昆布〆」、界 遠州からは、「うなぎの蒲焼」といったラインナップです。その他12の界を象徴する手まり寿司を、一気に味わうことができます。風情ある日本の温泉旅館で、秋の夜長を過ごすのにぴったりのアイテムです。


期間    :2020年9月1日~11月30日 *一部除外日あり
料金    :28,000円~ (2 名 1 室利用時 1 名あたり、サービス料込・税別)
含まれるもの:宿泊、夕食、朝食、手まり寿司(1室につき1つ)
予約    :施設公式サイトにて予約受付 [https://kai-ryokan.jp/features/temarisushi/]{https://kai-ryokan.jp/features/temarisushi/}


<最高水準のコロナ対策宣言>



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=scv_XV8dZLg


【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)


【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・半個室での食事処にて夕朝食の提供(界 *一部施設を除く)
・チェックアウトのフロント精算時の入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)


詳細:[https://drive.google.com/open?id=1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E]{https://drive.google.com/open?id=1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}


星野リゾート 界


星野リゾートが全国に展開する日本初の温泉旅館ブランド。日本らしさと快適性を追求した空間やサービスをご用意しています。旅の醍醐味であるご当地の魅力を表現する「ご当地楽(ごとうちがく)」のおもてなしと、滞在を通して地域の文化に触れる「ご当地部屋」が特徴。2020年3月に16施設目となる「界 長門」が山口県・長門湯本温泉に開業しました。
[https://kai-ryokan.jp/]{https://kai-ryokan.jp/}




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング