とらふぐ専門店 玄品、下関の新年とらふぐ初競りで最高値15,000円の巨大天然とらふぐ総量600kgを落札!通常料金で天然とらふぐを提供する「天然ジャックとらふぐスペシャルウィーク」を1月7日より開催

@Press / 2021年1月5日 18時0分

天然ジャックとらふぐスペシャルウィーク
全国でとらふぐ専門店「玄品」を展開する株式会社関門海(本社:大阪市西区、代表取締役社長:山口 久美子)は、1月4日(月)に新年恒例の初競りが開かれたとらふぐの取扱量日本一を誇る山口県下関の南風泊市場にて、1月7日(木)から全店で実施する「天然ジャックとらふぐスペシャルウィーク」に先駆けて、1キロ当たりの最高値15,000円にて1匹最大7.5kgの天然巨大とらふぐを総量600kg落札をしました。
これまではインバウンドを中心に天然とらふぐが消費されてきましたが、コロナ禍により消費が減少しています。
そこで「国産食材」を食べて生産者を応援する農林水産省の「#元気いただきますプロジェクト」に参画し、1月7日(木)~13日(水)の7日間限定で天然とらふぐを通常の養殖とらふぐコースの金額で提供する玄品初の「天然ジャックとらふぐスペシャルウィーク」を開催いたします。
天然とらふぐは大自然の海の中で育っているため、筋肉質で、食べた時の身の跳ね返しと旨みを味わえるのが魅力です。この天然ジャックとらふぐスペシャルウィーク開催を迎えるにあたり、代表の山口 久美子は「ふぐは昔から福を招くと言われ、下関では「ふく」と呼んでいるほど。今年も新型コロナウイルスの感染拡大は続きますが、このような時だからこそ縁起の良いとらふぐを少しでも多くのお客様にお届けしたい」という想いで初競りに参加。競り落とした大型の巨大天然とらふぐは大阪法善寺総本店ほか、大阪・東京など都心17店にてお客様に福が来るようお見せするなどしてご提供させていただきます。


【創業40周年記念 天然ジャック!とらふぐスペシャルウィーク】

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/242299/LL_img_242299_1.jpg
天然ジャックとらふぐスペシャルウィーク

■天然ジャックとらふぐスペシャルウィーク期間
2021年1月7日(木)~1月13日(水)


■実施店舗
全国73店舗全店


■内容
定番グランドメニューの全コースがお値段据え置きのまま、全て天然とらふぐ仕様でご提供いたします。

・玄コース 4,000円(税別)
・醍醐コース 5,400円(税別)
・天楽コース 6,700円(税別)
・大とらふぐ鍋コース 7,800円(税別)
・大とらふぐ鍋・焼コース 10,000円(税別)
・冬安居(飲み放題付コース3種)
*天然には限りがありますので無くなり次第終了とさせて頂きます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/242299/LL_img_242299_2.jpg
下関南風泊市場の初競り

【会社概要】
■株式会社関門海
代表者 : 代表取締役社長 山口 久美子
大阪本社: 〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江2丁目3番3号 久竹ビル3F
事業内容: 玄品グループの運営管理、とらふぐの調達、商品開発、海外展開など
店舗数 : 国内73店舗、海外2店舗(2020年12月1日時点)
関門海 : https://www.kanmonkai.co.jp/
玄品 : https://www.tettiri.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

下関南風泊市場の初競り

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング