100%非石油由来原料&無添加。酵母がつくる天然洗浄成分「ソホロリピッド」配合「ハッピーエレファント」新発売!

@Press / 2012年3月16日 15時0分

ハッピーエレファントRSPOマーク他3種
 サラヤ株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:更家 悠介)は、2012年3月1日より、ランドリー&自動食器洗浄機用の洗剤として「ハッピーエレファント」を、新発売したことをお知らせいたします。

 近年、消費者の「環境意識の高まり」はめざましく、洗剤市場においても「植物性で環境にやさしい」を謳う商品が増加傾向にあります。しかし植物原料の生産のために熱帯雨林の減少という問題が引き起こされている背景を知る弊社では、単純に「植物原料を使うことが環境にやさしいのではない」との視点から原料調達においても環境保全に取り組み、日本企業で初めてRSPO ※認証原料を使用した製品の開発・販売をおこないました。

(※RSPO:持続可能なパーム油のための円卓会議/WWF提唱の下、生産者・流通業者・メーカー・小売業者や環境保護団体・生物学者など、パーム油に関る様々な人々が生産地の環境や人権に配慮した持続可能なパーム油の流通ルールを話し合う国際会議)

 「ハッピーエレファント」は、そのRSPO 認証原料の中でも『完全分離方式』と呼ばれる生産・流通・製造の全工程において環境・人権に配慮したパーム油だけを使用。現在、流通する中で最も環境に配慮した植物油を原料に、酵母による発酵技術を用いて作り出す天然洗浄成分『ソホロリピッド』を生産し、その他の食品成分と合わせることによって作られた高い洗浄力と安全性、そして環境へのやさしさをもつ【石けんでも洗剤でもない全く新しい洗浄剤】です。

 100%非石油由来原料・無添加にこだわり、合成界面活性剤や洗浄に不要な成分(着色料・香料)も無配合。原料調達から製造そして使用後の排水に至る「川上から川下まで」一貫した環境配慮のコンセプトで、【持続可能なライフスタイルを目指した、水と生き物の未来のために選ばれるブランド】を目指していきます。

 植物原料のひとつであるパーム油は、近年の世界的な食糧需要の増加により、原料となるアブラヤシの農園が拡大。そのため最大生産地のひとつボルネオでは、熱帯雨林の減少によりゾウをはじめとする野生の動植物が絶滅危機に瀕しています。そこで生態系の上位に位置するゾウを守ることが、その他の動植物も守ることにつながることから、この新しい洗浄剤を「ハッピーエレファント」と名付けました。


 ハッピーエレファントの売上の1%は、ボルネオ保全トラストの活動に使われます。サスティナブル未来型洗剤「ハッピーエレファント」は、洗濯パウダー・食器洗い機用ジェルを皮切りに今後アイテムを充実していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング