復興支援 「ラメ・グリッター」ダイヤ工業では明日の笑顔のために復興を応援します!

@Press / 2012年4月9日 9時30分

クリスタルカラー
「ラメ・グリッター」および着色模様材などの開発や製造をするダイヤ工業株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役:酒向 敏雄)は東北地方の企業様および地域活性のお手伝いとして2012年4月20日(金)~2013年4月20日(土)までの1年間を対象として支援販売を実施させて頂きます。


◆支援の目的について
東日本大震災から1年が経過し、ダイヤ工業としてどのような協力をさせて頂けるか検討してまいりました。復興支援として様々な業界や企業が、様々な方法で義援金寄付をされてきたのではないでしょうか。ダイヤ工業として「ラメ・グリッター」を提供させて頂く事だけでは、さほど復興そのものに影響がないのかもしれません。ただ、義援金ではなく、「ラメ・グリッター」を活用したいと言う企業様の声を聞きながら、用途に合った最適な「ラメ・グリッター」を直接ご提供させて頂くことにより、地域活性と明日の笑顔のために少しでもお役にたてればと考えております。


【環境にやさしく・体にやさしいラメ・グリッター】
一般的・市場で販売されている国内外のラメ・グリッターには、エポキシ樹脂もしくはメラミン樹脂等による皮膜コーティング加工がされています。エポキシ樹脂もしくはメラミン樹脂等で加工された製品からは、大気汚染対象物質等として削減対象物質リストに挙げられている、環境負荷物質となるホルムアルデヒドが微量ではありますが溶出いたします。

ダイヤ工業が提供するダイヤホログラム、ダイヤモンドピース等の「ラメ・グリッター」には、ベース基材にポリウレタン樹脂による皮膜コーティング加工を施してあるため、環境負荷物質であるホルムアルデヒドの溶出はございません。
また、ポリウレタン樹脂を使用する事で環境にもやさしく、人体(皮膚・肌)への接触などを考慮した安定した品質の製品です。

更に、クリスタルカラー、レインボーフレークII等の「ラメ・グリッター」は、PET・PMMAからなる虹彩色多重層フィルムをカットして得た干渉タイプ型の「ラメ・グリッター」です。その一片は、透明感のある色彩で光を透し、光を屈折させる事により、見る角度で色彩が変化します。


◆使用用途
「ラメ・グリッター」のため、キラキラとした輝きがおしゃれに彩りを添えるTシャツ、トレーナ、靴下等へのシルクスクリーン印刷など(玩具・衣料品・紙製品・皮革製品・樹脂製品・その他)におすすめです。
また、ボディーペイント(パーティー、舞台メーク)・ネイルアート・芳香剤・ディスプレー・デコレーションその他のデザイン・意匠効果をドラマチックに演出します。

@Press

トピックスRSS

ランキング