スマートフォンサイトユーザビリティ診断の結果を発表(全30サイト)」~もっとも使いやすいスマートフォンサイトは「住宅情報ポータルHOME'S」~

@Press / 2012年4月5日 13時0分

HOME'S
 トライベック・ストラテジー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:殿木 和彦)は、スマートフォンで主要サービスを展開している企業のうち、ポータルサイト、ECサイト、企業サイト、特定ジャンルの専門サイト(不動産、金融など特定ジャンルや用途に特化したサイト)の4分類30サイトを抽出し、対象となるスマートフォンサイトに対してユーザビリティ診断を実施しました。(調査期間:2011年12月から2月下旬)
 スマートフォンサイトユーザビリティ診断は、トライベック・ストラテジーが毎年実施している「Webユーザビリティ診断」をスマートフォンサイト向けに独自に開発したユーザビリティ評価プログラムです。


■調査目的
 本調査の目的は、多様化するコミュニケーションデバイス(とりわけスマートフォン)に対して企業が適切な形で情報提供できているかを専用のスマートフォンサイトを通じて評価しています。特にスマートフォンサイトの「ユーザビリティ(使い勝手)」に着目し、スマートフォンならではのユーザビリティに対する配慮や工夫がされているかどうかを総合的に調査することにより、スマートフォンサイトを通じた企業のコミュニケーション活動の参考としてもらうことを目的としています。


■スマートフォンサイトユーザビリティ診断 概要
<調査対象>
・サイトの主目的であるコンテンツが、スマートフォン専用に構築されているサイトを対象としています。

・カテゴリTOPまでしか最適化されておらず、下階層はPCサイトやモバイルサイトに遷移するサイトについては対象外としました。

・第3階層以降も主要コンテンツをスマートフォン対応しているサイトで、ポータルサイト、ECサイト、企業サイト、特定ジャンルの専門サイト(不動産、金融など特定ジャンルや用途に特化したサイト)の4分類でそれぞれ一般的に知名度の高いサイト、利用ユーザーが多い30サイトをランダムに抽出しています。

<評価項目>
1.アクセス性
 ・PCサイトとの切り替えの容易さや、iOSやAndroid端末などOSに依存せずに快適に閲覧できるような配慮ができているかなど、ユーザーのアクセスを阻害しないような配慮や工夫がされているかを中心に評価しました。

2.サイト全体の明快性
 ・PCに比べ限られた画面領域の中で主要なメニューが見えるか、トップページが長くなりすぎないようなメニュー配置・機能の工夫が見られるかを中心に評価しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング