サイバーステーション、「デジサイン」の「コンテンツバンク」サービス追加市場分野に特化したコンテンツサービスを5月25日より開始

@Press / 2012年5月24日 11時0分

新メニュー「鮮魚百撰」イメージ
デジタルサイネージメーカのサイバーステーション株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:福永 泰男、以下 当社)は、2009年3月より販売しているクラウド型デジタルサイネージシステム「デジサイン」のコンテンツサービス「コンテンツバンク」に健康情報メニュー、小売店様向け販売促進メニューのサービスを5月25日(金)よりサービス開始いたしますことをお知らせいたします。

詳細: http://digisign.jp


【背景と概要】
当社が提供しておりますデジタルサイネージシステム「デジサイン」は、コンテンツを重視したサービスを充実させ、お申込いただいたお客様が手軽に運用いただけるデジタルサイネージシステムとして国内販売実績が2,000台を超え、現在もたくさんの導入希望のご依頼をいただいております。
「コンテンツバンク」は、今回の発表分も含めると、映像コンテンツ数が500種類以上と豊富なコンテンツとなり、お客様の設置環境に合わせたコンテンツ選択の幅が広がり、「低価格」で「簡単」にご利用していただくことが可能になり、さらにデジタルサイネージのご活用の幅が広がると考えられます。

今回追加となったのは、病院、調剤薬局、スーパーやドラッグストアーなどの売場でデジサインをご利用いただいているお客様に特化したコンテンツサービスです。販促カレンダーとの連動や催事や季節商品を週単位で演出することにより、買い物客の心を動かし、効率的な販促につながり、多種多様化したデジタルサイネージ運用を支えるソリューションとしてご利用いただけるようになります。

ご利用方法は、当社「デジサイン」のクラウド(SaaS型)またはパッケージ製品をご利用のお客様で、且つ、当社へ「コンテンツバンク」のお申込みをいただくことで、「デジサイン管理画面」からご利用いただけます。

コンテンツをご提供いただく日本情報流通株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:新舘 俊輔)は、より多くのお客様にご利用いただけるコンテンツを現場の声をもとに開発。1年中使えるコンテンツを販売促進に、お客様サービス向上に、広告枠の空きスペース活用に、手軽にご活用いただけるサービスとしてこの度、有料にてご提供いただきます。


【サービス詳細】
■健康情報メニュー
<どこでもできるツボ入門(全36タイトル)>
公共の場でも抵抗なく実施可能な、腕・顔・頭のツボを厳選。1コンテンツ1分で、待合平均時間を考慮し複数のコンテンツを合わせることも可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング