1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

次世代スマートメータを超えるPoCインフラを初期費用不要でご提供。

@Press / 2021年9月10日 9時0分



現在普及が進んでいるスマートメータでは、家庭を含む電力需要家から30分値60分遅れの消費電力データがスマートメータ通信網(Aルート)で収集され、新電力様などに代表される事業者経由で提供されています(Cルート)。加えて、より高精細な消費電力データに関しては、1分毎瞬時値を宅内通信(Bルート)を活用し、HEMSに代表される電力可視化プロダクトにより収集されています。このようにスマートメータインフラを活用した新規事業のフィージビリティスタディが進んでいます。
並行して、地理的時間的により高精細データの収集を目指し、経済産業省 次世代スマートメーター制度検討会で目下制度検討中の次世代スマートメータでは、一部需要家に対して5分値10分遅れのデータ収集が検討されております。この高精細の電力消費データを使ったさらなる新規ビジネスが積極的に検討されています。
・ 高齢者見守りサービス
・ 在宅配送サービス
・ 災害対応等レジリエンス強化
・ 省エネ等コスト削減サービス
・ デマンドレスポンスによる設備負荷軽減サービス
・ ダイナミックプライシングによる需要家啓蒙サービス
株式会社EnergyColoringは、スマートフォンをIoT電流計として活用した消費電力内訳推定クラウド「エナジーカラリング」の技術を使い、経済産業省 次世代スマートメーター制度検討会で検討中のスマートメータ相当のPoCインフラ(1分値1分遅れ)を初期費用不要で提供します。



画像 : https://newscast.jp/attachments/7VN9Dhfmlkws306WmWao.jpg


提供内容


・ スマートフォンを用いたIoT電流計の貸し出し提供
・ API連携を含むデータ収集可視化クラウドのサービス提供
・ ディスアグリゲーション分析データの提供
・ 電流高周波データの提供
・ 教師なし異常検知データの提供


経済産業省 次世代スマートメーター制度検討会


https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/jisedai_smart_meter/index.html


会社概要


https://www.energy-coloring.com/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング