世界初、オプティムのMDM、Optimal Biz for MobileがWindows 8に対応- Windows 7タブレットにも対応、Android、iOS、Windowsなど複数OSを一括管理 -

@Press / 2012年6月13日 15時30分

 株式会社オプティム(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下 オプティム)は、当社提供のMobile Device Management(MDM)「Optimal Biz for Mobile」がWindows 8、Windows 7タブレット端末にも対応したことを発表いたします。

 「Optimal Biz for Mobile」は、企業におけるスマートフォン、タブレット端末の管理をサポートする統合ITサポートツールです。Android端末、iPhoneやiPadにアプリをインストールし、端末紛失・盗難時のリモートロックや業務端末の不正利用禁止を行うためのアプリケーション起動禁止、資産管理としての端末情報の一括管理を全てウェブブラウザー上から簡単に行うことができ、面倒なセキュリティ対策や端末管理の対応負荷を解消するソリューションです。

 現在、Windows 7タブレット端末のリモートロックを業界初のPush通信によってリアルタイムに行えます。また、機器情報取得、レポート出力、機器カスタム項目、エージェントパスワード保護を行うことも可能です。今後、アプリ禁止、セキュリティ設定、デバイス制御等の機能を搭載予定です。「Optimal Biz for Mobile」は、Windows 7タブレット端末への対応によって、Android、iOS、Windowsといった異なるOSの端末も一括で資産管理できます。

 オプティムでは今後も、スマートデバイス拡大に向け、よりお客様に使いやすく、簡単、安全、かつお客様の業務効率を向上させる端末サービスを提供していきます。


【Optimal Biz for Mobile対応端末拡大への取り組み】
 競争の激化するMDM市場において、続々とリリースされる各社スマートフォン、タブレット型端末への対応検証をスピーディーに実現することが、MDMベンダーにとって極めて重要な取り組みとなりつつあります。
 オプティムでは協業先モバイルキャリアとの共同の取り組みとして、発売前スマートフォンを検証用端末としてメーカーから提供を受け、「Optimal Biz for Mobile」への対応状況をいち早く検証する体制を実現しています。
 これにより業界最多の対応機種を実現しており、3キャリア他含め、計185機種に対応しております。

(※)対応が確認された端末については随時ウェブサイト上( http://www.optim.co.jp/products-detail/device/3570 )で情報更新を行うことで、導入済みの企業もしくは導入検討中の企業に対して積極的な情報提供を行っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング